ヤル気のヒキダシ第3回:成果の方程式とは

こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。先週は車の中で冷房をいれるくらいだったのにまた寒くなりました。体調管理もビジネスパーソンのコンピテンシーとしてもいいかもしれません。ではヤル気のヒキダシ第3回の始まりです。
------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第3回:成果の方程式とは
 成果の方程式って聞かれたことはありますか? 仕事の成果は何で決まるのかということを数式風に記述したもの、つまり成果は、どのような変数を持つ関数なのかを表現したものです。

 まず成果を評価する面からは

    成果=f(量、質、時間)
 
 <fというのは、それに続くカッコ内の変数による関数であることを示します。下にでてくるgも同様の意味です。>

と考えられます。つまり成果は、量だけから評価されるのではなく、その質からも評価される。また納期に間に合ったかという時間からも評価されるということです。いくら良い仕事をしても、納期に間に合わなければ意味がありませんからね。

 次に良い成果を実現する要素の面からは

    成果=g(能力、ヤル気、価値観)

と表記できます。成果を出すためには、当然その人に必要な能力が備わっていなければなりませんが、それだけではダメなのです。能力があってもそれが実際に発揮されることが必要です。それを決めるのがヤル気です。能力があってもヤル気のない人に良い成果は期待できません。その場合は高い能力は、宝の持ち腐れになってしまいます。逆にヤル気があれば、知恵や工夫が働き、他の協力者の力を借りるなどして自分の能力以上のリソースをつぎ込むことも可能です。

 ここまでの能力とヤル気が成果を決める要素であるとする説は、見かけることもあるのですが、筆者は最後に価値観という要素を入れました。その人がどのようなものに価値を見出すか、どのようなことがやりたいか・・・この思いが、仕事を楽しくさせると考えられるからです。また倫理に反する仕事も価値観に合わなければ気が進まなかったり、拒否したりして成果は出ない(というより出さない)でしょう。

 
 さて、価値観は日頃の自分の考え方により確立され、能力は日頃の努力によって培われますが、ヤル気はとてもムラっ気があります。反面、高める方法もあるでしょう。仕事の成果からはヤル気の醸成ということも重視すべきことだと考えます。この連載ではヤル気を意図的に高めていく方法を考えていきたいと思っています。

------------------------------------------------------------
以前からNLP(神経言語プログラミングという心理学の一分野)を学ぼうと考え、隔週で5回の土日を使う大阪開催のコースに応募していましたが、いよいよ明日から始まります。NLP自体だけでなく、一緒に学ぶ人たちとの出会いが楽しみです。
[PR]
by atanabe-coach | 2009-02-20 23:50
←menu