ヤル気のヒキダシ第20回:メタ目標を持つ 

 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。昨日から今日にかけて九州地方に豪雨が降りました。一時は傘も役に立たない振りよう、出勤でずぶぬれの状態でした。北九州市民球場で予定されていたソフトバンクvsオリックスのゲームも中止となってちょっとがっかりですが、当地方ではダムが枯れそうな地域もあっただけに恵みの雨、感謝の気持ちで受け止めましょう。
 では今日もお楽しみください。

------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第20回:メタ目標を持つ
 メタ目標って何?と大概の方は思われるでしょう。あまり耳にしない言葉ですよね。Wikipediaによるとメタ(meta-)とは、「高次な―」「超―」「―間の」「―を含んだ」「―の後ろの」等の意味の接頭語でギリシャ語から来ているとのことですが、筆者が勉強しているNLP(神経言語プログラミング)ではよくメタ○○という表現がでてきます。

 メタ目標とは目標の向こうにある目標、つまり今の目標のさらに向こうにある目標という意味です。これには意味が2通り考えられます。1つはその目標のより高次の目標(例:今の目標・・・ベンツを買う、メタ目標・・・ベンツに乗るというステイタスを手に入れる)、もう1つはその目標を達成したあと更に未来の目標(例:今の目標・・・TOEIC800点を取る、メタ目標・・・半年後に外国で現地の人と英語で支障なくビジネスする)

 いずれにしても、自分の目標を立てるときに、メタな目標まで思いを馳せようというのが本日のお勧めです。この連載(ヤル気の引出し)では、再三目標を具体的に描くこと、そしてそれを達成した状況を五感に感じながら思い描くことが、ヤル気を出すことに役立つとお伝えしています。そのときに、メタ目標についても同じように具体的に描き、達成した状況を思い浮かべて見ましょう。

 当面の目標を達成することの、自分にとっての意味は何なのか、あるいはその目標を達成した後に、自分は何を望んでいるのかを自分の心に問いかけてみましょう。そして、それを達成した状況(何が見えるか、何が聞こえるか)を思い描いてみて言葉にし、体がどう感じるかを観察します。このとき多くの方が、体が軽くなった心が広がる感じがするワクワクするなどとおっしゃいます。快感とつながって、ドーパミンがジャブジャブといった状態です。

 そしてこの後が肝心なのです。一旦メタ目標を心の中で達成した後には、最初に持っていた目標はとても小さく見えて、より達成しやすいように思えてしまいます。さらに、一刻も早くそれに近づく行動に出たくなってウズウズすることを経験するでしょう。考えるだけでも心が振るえませんか。

 メタ目標が達成意欲をさらに引き上げます。

------------------------------------------------------------
 もう7月、2009年も折り返しに来てしまいました。皆さんにはどんな半年でしたでしょうか。1年で振り返るよりも半年で振り返ったほうが、実りのある年になるのではないかと思いつつ、筆者は今までなかなか実行できませんでした。今度の週末は年初の目標の振り返りとメタ目標を思い描くことにします。
[PR]
by atanabe-coach | 2009-07-01 23:34
←menu