ヤル気のヒキダシ第21回:視点を自分の上に置く

 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。九州北部は昨日から大雨が降っています。つい先日までは水不足が心配されていたのに、皮肉なものです。亡くなった方も出ています。被害が大きくならないことを祈ります。
------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第21回:視点を自分の上に置く

 あなたは自分の家族のために命を投げ出せますか?
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
 いきなり、なんだ、この質問は・・・と驚かれたと思います。突然申し訳ありません。たとえば強盗が自宅に入った、家族がつかまりそう。そんな時、あなたが一家の主人であったなら、家族をかばいますか。子供がライオンに襲われる。そんな時、あなたがその子の父親(母親)なら、子供の前に立ちはだかって、子供をかばいますか。

 結構こわいシーンなので、100%の自信はないとしても、私だったらかばうと思います。自分の家族を守るのは、自分の務めであり、使命であり、定めであるという思いが心の中にあるからです。このようなシビアなケースでなくても、家族のためなら多少ムリをしよう、がんばろうという気になると思います。全ての人がそうとはいいませんが、これは筆者個人だけでなく大多数の人に当てはまるのではないでしょうか。

 このようなことは家族に対してだけでしょうか。家族を守るということは子孫を守るという本能からきているところもあるかもしれません。しかし家族以外に守るもの、仕えるものをもっている人の場合はどうでしょう。たとえば、沈み行く船と運命を共にする船長(子供のころ読んだ本にあったなつかしいストーリーです。) 日本の国民と国土を守るために死んでいった兵士の方々(筆者は軍国主義を賛美しているわけではありません。)・・・いささかエキセントリックな例示になりましたが、人間は、「誰かのため」「何かのため」という思いを持ったときに、勇気や力が出、行動も起こす、ということを申し上げたかったのです。

・・・ちょっと変な例ですね。もう少しわかりやすい例としては・・・
・子供たちが待っているから、この日曜日も朝起きしてグランドへ向かう(リトルリーグの監督)
・お客様が楽しみに待っていてくれるから、今日も配達する取次ぎに伺う(クリーニングの取次ぎ業)

 このクリーニングの方は、筆者が実際に知っている方です。十数年ご家庭を回ってクリーニングの取り付きをしておられますが、おばちゃんやおばあちゃんが待っていてくれて、いろんな話をしたり相談に乗ったりするのだそうです。心のセンタク屋さんなのです。

 さて、ロバートディルツという先生が「ニューロロジカルレベル」という概念を提唱しています。これは、人が変化を起こしたり、学習をしていく際の心理的な階層構造を表したものです。(あるサイトに簡単に紹介されていますので、ここで説明するよりそちらをみていただきたく、ここにリンクを張っておきます。) 最上位レベルに「スピリチュアル」という階層があり、これは自分を超えるものという位置づけです。この中には下位から「市場」「社会」「地球」「宇宙」と書かれていますが、「家族」や「地域社会」「チーム・仲間」「会社」なども入れることができるでしょう。そして人間はこことつながっている感覚をもてた時に強くなれるのです。上記の例はこれに該当します。

 自分が何かをやりたいと思うとき、その意味づけや目的を考えると、強いモチベーションが沸きます。それにとどまらず、そのことにより自分が関係する相手における意味づけを考えてみる、そしてそこまで行って、その地点から自分を振り返って、目的を再定義する。 すると、さらに強いモチベーションが勇気とともに沸いてくるのです。

 それはだれのためにやるのか?・・・自分を超えたレベルから自分を見ることにより、勇気とヤル気がでてきます。

------------------------------------------------------------
 昨日は関東方面で、中堅社員の皆さん約20名にチームマネジメントの研修をやってきました。部下や後輩との効果的なコンタクトの仕方(コミュニケーション方法が主体)を中心テーマにゲームやロールプレーなど体験型の内容でした。受講者の皆さんは、入社数年目~管理職になる前のレベルの方々で、初めてこのような知識に触れた方も多く、たいへん参考になった、よかったという好評をいただき、うれしく思いっています。
 いい話を聞いた、で終わらないように、12月まで引っ張れる目標設定を仕込みましたが、この試みが功を奏すことが願いです。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-07-25 11:27
←menu