使命に生きる人 

 11月11日に、北九州市社会福祉協議会ボランティア大学校様と市民センターが連携して開催している「地域支援ボランティア研修」の中で「自分で描く自分のページ」というセミナーを担当させていただきました。参加者のモチベーションアップを狙ったものであったため、そのような内容の話とワークを進め、今まで蓄積してきたものを今後は地域社会に恩返しをして役立てよう、といった話をさせていただいたのです。そして最後にニックブイチッチさんのインターネット動画で締めくくりました。何度見てもこの動画には大きなインパクトがあります。このときも大いに感動をもらいました。



 実は3ヶ月ほど前、彼のYou Tube動画を初めて見て、私は大変大きな衝撃を受けました。彼は生まれつき手足がなく、絶望に襲われながらもしっかり学問を修め、現在は動画にあるような活動をしています。この使命感の偉大さはすばらしい、これはぜひ周りの人たちにお伝えしなければならいと思い、そのとき以来、研修の中でご紹介しようと思っていたのです。

 なぜなら、私はいくつかの研修の中で、NLPでいうニューロロジカルレベル(学びと気づきの階層モデル)の話をよくするのですが、そこでは自分を越えた目的を持つと人間大いに頑張れるということを強調してきました。ニックブイチッチさんの動画はそのことを、私のスケールを越えて訴えてくれているものだったからです。そしてそのとき以来、ニックブイチッチさんは世界で最も使命感に燃えている人として、ずっと私の心に刻まれているのです。


 ところがもう一人そんな方を心に刻む出来事がありました。


 11月14日から1泊で、所属している勉強会の研修旅行で長崎に、14日は原爆資料館を平和案内人というボランティアの方々の説明で回り、15日に被爆者の方の体験講話をいただいたのです。原爆資料館ではその悲惨さの説明をいただきましたが、展示の中で背中一面を熱線で焼かれてただれた16歳の少年のうつ伏せ姿の写真がありました。とても印象に残る写真でした。

 そして15日の被爆者体験講話には、なんとその写真のご本人、谷口稜曄(たにぐち・すみてる)さん においでいただけたのです。80歳になられる谷口さんはお歳のせいか、言葉が若干明瞭ではないところがありましたが、体験者にしか語れない、いろんなご苦労をお話してくださいました。それはもう私なんかがこんなところに記載するのもおこがましく感じられるほど、生々しくビシビシと私の心に伝わってきました。肉体的苦痛に死んだほうがいいと何度も思ったのだそうです。内容をよく紹介したブログがありましたのでリンクを載せておきます。http://blogs.yahoo.co.jp/biwalakesix/archive/2009/8/9

 戦後64年たった今でもお体が痛み、治療を続けられていて、背中を圧迫すると痛むので、イスにも寄りかかることができないということでした。そんなお体で年間300回も講演され、海外にも出かけられているのです。決して楽なことではないでしょう、核兵器の悲惨さと核廃絶を訴えていくという使命感で動いておられるのだろうと思います。



 ニックブイチッチさん谷口稜曄さん、ご自身を越えたものに対して「使命感」を持って活動されているこのお二人は、まさしく「命」を「使って」、命を輝かせておられると思います。そのような方の話やビデオ自体が、人々に勇気を与えます。頭が下がります。私もその何分の一かでも、世の中のお役に立ちたいものだ思いました。お二人の存在に感謝します。
[PR]
by atanabe-coach | 2009-11-15 23:27
←menu