ビジネスコーチング実践例 ある中小企業の事例

f0142717_0315984.jpg

 昨日9月9日、コーチングのレベルアップのため(コーチは学び続けることが求められているのです)に研修に行ってきました。この研修では、2人とか4人とかの小グループになって色々な演習をやるのですが、そうやって組んだ相手の方と、かなり親密な関係が短時間で築くことができます。そのグループを組んだ相手の中に、コーチングを導入しての風土改革を行い、イキイキとした元気の良い企業に変身させた大阪の中小企業の社長さんがおられました。
 短い演習の中でお聞きしたので細部ははしょられていると思いますが、おおよそ以下のような話でした。

 数年前、コンサルを雇って大金をかけてISO(おそらく14001だと思われます)認証取得に挑戦したけれども結局社内が動かず、認証が取れなかったのだそうです。そこでこの社長さんはどうすれば良いのか迷いに迷って、いろいろと調べていくうちにコーチングの存在を知り、まずご自分が自ら勉強、資格もとって、自社に導入されたのだそうです。なにせ社長その人がコーチングを導入したいというものだから中小企業の動きは早いです。(そこが中小企業の強みです)そしてご本人以外に息子さんたちもコーチングを勉強中とか。成果は大いにでていて、社内が見違えるようになり、2003年12月にはISO14001を、2005年1月にはISO9001の認証を取得されたということです。そして現在はISO17025の準備をされてます。絵に描いたようなサクセスストーリーです。

 さらにこの社長さんの偉いところは、会社を息子さんに任せて、いまでは中小企業の社長さんを相手にコーチングを普及させていきたいとの志のもとにコーチングオフィイスをこの5月ころに開業されています。

 中小企業へのビジネスコーチングを導入し、業績アップにつなげていくという方向は、筆者の方向でもあり、かなり共感するところがありました。ぜひ一度訪問させていただき、イキイキ度を拝見したいと思っています。また準備中の筆者のウェブサイトでも、紹介させていただきたいと考えた次第です。とにかくこのような前向きの社長さんにはパワーをいただけそうで、大変楽しくお話をきくことができました。

<写真:カザリイソギンチャクエビ@勝浦イソムラ 写真中央にあるオレンジ色のやつです。>
[PR]
by atanabe-coach | 2007-09-10 01:07
←menu