上司がんばれ 部下と向きあうコミュニケーションのヒント 第16回:キャッチボールの成り立つ条件

f0142717_0164957.jpg

 現在の上司はプレイングマネージャーが多いと思います。短期的業績目標達成を求められる状況の中で、部下の育成という観点での行動が抜けていたりまたそれ自体に気がついていない上司も方もおられるように見えます。部下を育て、頼もしい人材にするために、上司に求められる行動要件をまとめてみました。連載でお送りします。
───────────────────────────────
第16回:キャッチボールの成り立つ条件

 昨日の続きをもう少し。「コミュニケーションはキャッチボール」という本の内容のご紹介です。コミュニケーションを新体操のボールを使ったキャッチボールに見立てて分かりやすい説明がなされています。日常生活や仕事や人材育成の場におけるコミュニケーションに活用できるヒントが満載です。

 さてこの本では、キャッチボールをスタートさせ、うまくいかせるための条件を挙げています。

まずスタートさせる条件です。
①どちらかが始めたいという意図を持つ。コミュニケーションの始まりは、それを始める人の「伝えたい」「関わりたい」という欲求である。
②相手の同意を取る。相手の準備も必要だし、途中で熱くなっても感情的になったりしないことの同意が必要である。
③向かい合って立つ。きちんと正面から向かい合って立つ。
④適度な距離をとる。遠すぎず近すぎず、相手と関係によって感覚で測る。


次にうまくいかせる条件
⑤完了させる。自分が投げて相手が受け取り、それを相手が投げ返して自分が受け取る。これが1ユニットであり、この1ユニット毎に確実に完了させる。これが完了されないと、得られていない答えを探すためにエネルギーを消耗する。
⑥待つ。「間を取る」 相手の答えを聞かずに自分で言ったり、相手が話しているのに口を挟んだり、必要以上に長く考え込んだり、沈黙を恐れてじゃべりつづけたりしない。相手からの評価を恐れない。コミュニケーションを交わすことが気持ちよく感じられること。
⑦相手の聞く能力を高めるように話す。相手に合わせて受け取りやすいボールを投げる。わざと専門用語や難解な言い回しをしない。
⑧相手の話す能力を高めるように聞く。聞き手の聞く能力が相手の話す能力を上達させる。聞く能力とは、相手が話す事柄を発見できるような効果的な質問をする能力であり、相手に話させる能力。
⑨受け入れる。同意できない内容であっても、相手はそう思ったことは事実なので、そのこと自体は受け入れる。(ちょっと分かりにくいと思うので補足します。内容に同意できなくても「ああ、そう思われるのですね。」などと一旦受けた上で、自分の意見はその後言う。)こうすれば、意見は違っていてもキャッチボールは続けられる。


最後にキャッチボールの原則として
・1対1である。
・対等である。
・どちらの意見が正しい/間違っているという二極化を避ける。
・考えが違うことを大事にする。
・お互いに質問する自由を保障する。
・使うことばが同じであっても、それぞれ違うことを理解している。

を挙げています。

 このようにコミュニケーションの本質をついた事柄が平易に書かれています。これらのことを配慮してコミュニケーションができたら本当に相手その相互理解が図れるものと思います。

 今回のブログではあっさりと記載しましたが、この本では、ボールを受け渡しながらの説明が合わせて書かれており、非常に説得性の高い内容になっています。よろしかったら一読されることをお勧めします。
amazonの他の人の書評もご参照ください。
  「コミュニケーションはキャッチボール
  著者:伊藤守 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
───────────────────────────────
 このブログ、お気に入っていただけましたら、お友達や上司・同僚・部下の方にも教えてあげて下さい。多くの方に読んでいただけると、筆者の励みにもなります。
───────────────────────────────
<写真、悠々と泳ぐマンタ、映画スカイキャプテンにでてくる戦闘機のようです。 ナブコ@インドネシア>
[PR]
by atanabe-coach | 2007-12-19 00:23
←menu