上司がんばれ 部下と向きあうコミュニケーションのヒント 第30回:強みをフィードバックしよう

f0142717_04986.jpg

 現在の上司はプレイングマネージャーが多いと思います。短期的業績目標達成を求められる状況の中で、部下の育成という観点での行動が抜けていたりまたそれ自体に気がついていない上司も方もおられるように見えます。部下を育て、頼もしい人材にするために、上司に求められる行動要件をまとめてみました。連載でお送りします。

───────────────────────────────
 
第30回:強みをフィードバックしよう

 2回にわたって部下の強みを見つけようというテーマで見てきましたが、こうして見つけた強みは上司のあなたが密かに手中に持っておけばいいのでしょうか。当然そうではありませんね。見つけた強みは部下にフィードバックしてあげてください。いちいちそんなことしてたら時間が足らないし、部下はちゃんと分かっているだろうと思われるかもしれませんが、それについては次のように考えてください。

 まず、上司から強みをフィードバックされた部下は当然勇気付けられます。これについては、わざわざ時間をとってやる価値が十分にあります。たしかに緊急ではありませんがたいへん重要なことです。次に部下がその強みを知っているかどうかですが、人はなかなか自分のことが分かりません。その人にとっては当たり前のようにやれてしまうので、特に強みとか意識していない場合も多いのです。ですから上司は部下の強みを積極的にフィードバックしてあげることはこちらの意味からもたいへん重要なのです。他人から指摘されてはじめて、ああ、自分のこんなところを人は強みと思ってくれているんだという新たな発見をする場合も少なくありません。さらにそれを上司から言われることは、自分を認めてもらっているというように感じますので、部下のモチベーションを更にあがることになります。

 さて、強みをフィードバックするときには、具体的に伝えてあげましょう。漠然と言われるより、受けた時にインパクトが違い、部下の心にしっかりと刻まれます。例を挙げてみます。

・君の検討資料の構成が、これこれこのようにストーリーがはっきりしているし、グラフを見やすくする工夫が入っていて、訴える力が強いよね。これは君の強みなんだろうなあ。
・君は会議の時に、発言はあまり多くないように私は感じているけど、発言する時には、うまく行かなかった時のことを考えて、どうカバーするかということをよく考えているように感じているよ。リスクを避けるという発想方向をとることも強みなんだろうね。
・君がお客様に説明するときは、いつも笑顔を絶やさないものだから、お客様も気分がいいように感じてくれているようだ。いい強みだと思うよ。


 なお、フィードバックのありかたとしては、評価や判断を加えない客観的事実を伝えるか、自分(フィーバックを伝える人)にとってどう感じられたかを伝えることが基本です。前者を「あなたは○○○(客観的事実)だ」というYouメッセージで、後者を「私は○○○と(主観的事実)感じた」というIメッセージで伝えるのが効果的で、決して「あなたは○○○(主観的事実)だ」というYouメッセージで主観的事実を伝えることは避けたほうがよいといわれています。(*) 
これはフィードバックは、その人の足らないところを指摘し、改善や変容を期待するケースが多いので、フィードバックをもらった人の心理的抵抗を少なくして、それを受け入れやすいようにとの配慮からです。しかし強みのフィードバックであれば、受け手の心理的抵抗は少ないと思われますので、そこまで考えなくてもいいと思います。

 強みのフィードバックは、フィードバックを与える方にも心理的負担は少ないものと思われます。部下の強みを見つけることができたあなたなら、そのフィードバックは比較的簡単でしょう。ぜひここまでやってみてください。


(*参考:事例で説明します)
相手が壁の時計をしきりに見ながらしゃべっていたとします。

Youメッセージで客観的事実を伝えるフィードバック
・(あなたは)話しながら壁の時計をしきりに見ていましたよ。

Iメッセージで主観的事実を伝えるフィードバック
・(私には)あなたが話しながら時間をしきりに気にしているように思えました。

Youメッセージで主観的事実を伝えるフィードバック
・(あなたは)話しながらしきりに時間を気にしていましたね。


 最後のYouメッセージで主観的事実は、決め付けれらたような気がしますね。一方、Youメッセージで客観的事実やIメッセージで主観的事実では、そのような感じはせず、フィードバックを受ける人の心理的抵抗が少ないように思えます。

なお、フィードバックについては昨年9月ころにこのブログで取り上げています。次をご参照ください。
フィードバック1  フィードバックとは



───────────────────────────────
 このブログ、お気に入っていただけましたら、お友達や上司・同僚・部下の方にも教えてあげて下さい。多くの方に読んでいただけると、筆者の励みにもなります。
───────────────────────────────
写真は以下のサイトより引用させていただきました。「2000ピクセル以上のフリー写真素材集」

先週後半からインドネシアに行っており、27日の朝成田につきました。寒いよ~。
[PR]
by atanabe-coach | 2008-01-28 00:24
←menu