上司がんばれ 部下と向きあうコミュニケーションのヒント 第31回:さあ才能(じぶん)に目覚め

f0142717_012647.jpg

 現在の上司はプレイングマネージャーが多いと思います。短期的業績目標達成を求められる状況の中で、部下の育成という観点での行動が抜けていたりまたそれ自体に気がついていない上司も方もおられるように見えます。部下を育て、頼もしい人材にするために、上司に求められる行動要件をまとめてみました。連載でお送りします。

───────────────────────────────

第31回:さあ才能(じぶん)に目覚めよう

 前回は部下の強みを見つけ、それを生かしていく方法を考えること、またそれを伝えることの重要性を述べました。本日は才能を見つけて活用することについて書かれた本をご紹介します。

 それは「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう  あなたの5つの強みを見出し、活かす」という本です。「欠点さえ強みになる」と帯に書いてあります。著者はアメリカで創設された世界的調査会社であるギャラップ社の経営トップの方々です。

 この本は、ギャラップ社の圧倒的な調査力・調査データを元にして書かれています。過去63カ国、101の企業で働く1700万人以上の従業員に質問した結果では、20%の従業員しか自分の強みを毎日発揮できいないそうです。また最新の、36の企業で働く19.8万人の従業員に対する調査で、従業員の強みを活かしている企業の方が生産性や顧客満足が高かったということです。そして、企業においては、従業員が強みを活かして働けるようにすることが望ましいとしています。(それなのに多くの企業は欠点克服のプログラムの方を重視しているといっています。)

 さて、この本によると過去30年の間に、200万人の人に「強み」についてインタビューを行った結果、人の強みは34の資質に分類できると言っています。これを抜き出してみましょう。ここに強調しておくことは、強みとは、その人が比較的よくとる思考や行動のパターンであって、優劣はないということです。

アレンジ・運命思考・回復志向・学習欲・活発性・共感性・競争性・規律性・減点思考・公平性・個別化・コミュニケーション・最上志向・自我・自己確信・社交性・収集心・指令性・慎重さ・信念・親密性・成長促進・責任感・戦略性・達成欲・着想・調和性・適応性・内省・分析思考・包含・ポジティブ・未来志向・目標志向

 これらの中には相反するものもありますが、人は相反はしないいくつかの強みをもっているとしています。また、これらの資質の説明や、そのような資質を持った人を活かす方法が一つ一つ記載されています。読んでみるとなるほどな、と思うことがたくさんかかれています。

 おもしろいのは、この本を購入すると、「ストレンングスファインダー」という(えらい安直な名前の)webサイトにアクセスして、本のあるところに書かれたIDを入力して180の質問に答えると、自分の強みを当てはまるもの上位5つを教えてくれることです。筆者の場合は上位から、未来志向・目標志向・達成欲・自我・責任感とでました。説明を読んでみますと、よく当たっているように思えました。

 ところで、人の資質がこれら34のどれに当たるのかを正確に判定することは難しいと思いますが、資質の特性を読んで、目星をつけることは出来そうです。そうすればその人の資質を活かす方法も得ることができますので部下育成のヒントにもなり得ます。ご一読をお勧めします。

 「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう  あなたの5つの強みを見出し、活かす」
マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン著 日本経済新聞社

───────────────────────────────
 このブログ、お気に入っていただけましたら、お友達や上司・同僚・部下の方にも教えてあげて下さい。多くの方に読んでいただけると、筆者の励みにもなります。
───────────────────────────────
写真は以下のサイトより引用させていただきました。
「2000ピクセル以上のフリー写真素材集」

[PR]
by atanabe-coach | 2008-01-30 00:24
←menu