送別会5連荘

 前回記事をアップしてから10日間がたってしまいました。

 実は転勤を伴う異動が決まり、引越し準備と送別会で家でパソコンにさわる時間もとれなかったのです。今回は今までの仕事と全く異なる部門への異動なので感慨もひとしおです。

 思えばこのような転機が今までに3度ありました。最初は千葉のエンジニアリング会社から九州の住設機器会社への転職。2度目はその会社からインドネシアの関連会社への出向、3度目はインドネシアの関連会社から、現在の千葉の製造子会社への出向です。今回は4回目で製造子会社から九州の本社への異動になります。

 千葉のエンジニアリング会社では原子力機器の設計・設置・試運転などを、九州の住設機器会社では生産技術を、インドネシアの関連会社では工場の仕組みつくりや経営全般を、千葉の製造子会社では購買(主として国際調達関係)を担当しました。これらの職場では、それぞれに関連する経験を積み、またいろいろな方々と接し、公私にわたって助けていただきました。自分の肥やしになる経験で大変ありがたかったです。とくにインドネシアでは初めての海外駐在で一挙に自分が国際化するきっかけとなりました。それが次の国際調達の仕事で大変役に立ちました。これらの転機ではそれ以前とは異なる仕事につき、セロリセットで再スタートするという精神的にはかなりすがすがしい気分を味わうことができました。

 さて、今度の異動は本社人事部の若年層社員の人材開発関係部門となり、ずっと昔の転職の時のような、全く異なる仕事にかわります。しかしコーチングを軸としてビジネスパーソンの支援を個人的活動の軸としてきましたので、その意味では自分の中では連続はしています。

 新職場における最初の仕事は4月1日に350人強を相手に、入社式の開催とそれに続く、3週間の研修の実施です。怒涛のような波に飲み込まれそうですが、早く自分のペースをつかみ、自分の位置を早く見出して行きたいと考えています。この新しい仕事で自分がどう振る舞い、どう付加価値を出していくか、不安でもある一方、エキサイティングでワクワクもしています。

 それにしても、3月17日から21日まで公私にわたり送別会5連荘は初めての経験でした。「ウコンの力」3本パックを2パック買い備えたことにより二日酔いはありませんでしたが、日を追う毎に酔わなくなる自分が怖かったです。
[PR]
by atanabe-coach | 2008-03-23 23:30
←menu