自分が大切にしたい価値

f0142717_22561278.jpg

----------------------------------------------------------------------
 本日は、ある企業さんで開催された、30代社員向けのキャリア研修をオブザーバとして参加させていただいてきました。

 講師は、ヴァリュー・クリエーション社長の小寺博仁氏。NLPを使ったモチベーションアップとか目標達成などに関するセミナーでは、口コミで大手企業さんに支持がひろがっている先生です。(NLPは神経言語プログラミングと訳される心理学の分野の名称です。詳しくは同社のホームページを参照ください。)

 この研修、実は本日と明日の2日間で行うものですが、今日は第1日目で、人の脳の特徴をはじめとするNLPの理論の紹介のあと、キャリアビジョンの必要性や自分がやりたい"WANT"に気づくなどの話があり、その中で、自分が大切にしたい価値(VAUE)の追求などの演習もありました。

 このあたりの話は、筆者もコーチングの方から一応は学習済みの分野ではありますが、先生のじっくりと噛んで含めるような語り口、いろんな事例を交えての補足説明で、あらためて勉強になりました。おそらく初めてこのような話を聞く一般の参加者たちは、食い入るように聞き入っておりました。

 また特に、多くの価値(単語)のリストから自分が大切にしたいものを選択し、それをグルーピングして、自分の仕事観や人生観を作るワークは筆者も始めて体験するものでした。自分の価値はコーチングの学習の時に何回か抽出した経験があり、それと同じようなものと思っておりましたが、抽出した価値(単語)を集めて意味づけをしていく作業はとても新鮮で、あらたな気づきを得ることができました。
 
 ここ10年~15年程度の間に、人の心に関するコーチングやNLPなどのプログラムが日本に紹介され、それをもとにして研修やコンサル関係のビジネスが誕生し、一般の人たちがその恩恵を受ける機会が増えてきました。キャリアビジョンなどという考え方が紹介されたのもの古いことではありません。その以前にも自己啓発系のプログラムはいくつかあったようですが、敷居がたかかったり、ちょっと宗教かかったりしてたようです。

 現在、自分の生き方について考えるための機会や手段は昔よりもずっと効果的で、親しみやすいものがあふれているように思えます。ただそれでも、人間は自分が意識して焦点を当てないものは見えません。若いうちから、努めて自分を磨くという意識の持ちようが、得られる情報の格差を産み、機会を見過ごすか活かすかを決めていく。そしてそれがその人の発展や向上の差となって現れて、自己実現の可能性の差となってくる。またこのようにして得られる自己実現は、おそらく自分本位なものではなく、周囲や社会にも好影響を与えるものとなる。
・・・そのような思いを強くもったセミナーでした。

 最後に先生と夕食をご一緒でき、さらに貴重なお話も聞くことができました。筆者自身の今後に関するヒントもいただきました。大変ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

----------------------------------------------------------------------

写真:オオカズナギのバトル
先日(7/20)、九州に戻って初めてのダイビングに行きました。北九州市の「かりゆし」さんというダイビングショップにつれていってもらったのです。山口県の青海島という島のビーチからエントリーして2本潜ってまいりました。水中ではお魚さんたちが産卵や求愛のシーズンらしく、あちこちで珍しいシーンを見ることができました。写真は、オオカズナギという体長15cm程度の魚が2匹、口を180°近くあけてバトルをしているところです。この地域ではよくみられる光景らしいですが、初めてなので飽きずに見ておりました。

[PR]
by atanabe-coach | 2008-07-28 00:07
←menu