<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0142717_07141.jpg

 先日、企業の人事部門の方々のフォーラムに参加する機会があり、ある企業様内の人事施策や人材育成活動の説明とそれについての意見交換がありました。その席でコーディネーターの某大学の先生が嘆いていたことがありました。先生曰く、「最近はマネージャーの教育として、コミュニケーションだとかコーチングだとかファシリテーションだとか取りざたされているが、これらはマネージャーが成果をあげるためのツールで枝葉の部分である。本来マネージャーの育成のために教育すべきは、PDCA(Plan、Do、Check、Actionのマネジメントサイクル、提唱者の名前からデミングサイクルとも呼ばれます)を回して成果を出すことそのものである。最近はこのベイシックの部分にあまり陽が当たっていないように思える。教材も少ないのではないか。」 これに対して参加者の皆さんも同意のような反応でした。

 考えてみると、ずっと以前はマネジメントというとPDCAのデミングサイクルとか問題解決あるいは課題解決などがキーワードでしたが、ここ10年は、マネジメントを語る場合のキーワードとしてコミュニケーションだとかコーチングだとかファシリテーションなどという言葉が登場するようになったように思えます。その分PDCA、問題解決、課題解決などの影が薄くなったような印象もあります。この先生はこのことについて、もっと基本に戻ってマネージャーを育成しようよと言われているのだなと思い、共感もいたしました。

 さて、コミュニケーションだとかコーチングだとかファシリテーションというのは、このブログにおけるテーマの一つであり、筆者はしばしば取り上げています。これらはマネージャーが備えるべき資質として当然のものとして考えてきましたので、先生のことばをお聞きしてもう一度整理してみました。

 まずマネージャーとは何か・・・よくいわれる定義は
  「人を使って成果を出す人」
があります。もうすこし丁寧に言うと
  「上位方針に従って、効率的に組織を動かして効果的な結果を出す人」
となるでしょうか。つまり自分が自ら実行するのではなく、
  「人や組織を効率的に使って」  「効果的な結果を出す」 
なのです。

 このように定義付けられるマネージャーの活動をレベルアップさせるためには次のようなことが考えられます。

 「効果的な結果を出す」の部分からは、課題設定や問題発掘をし、PDCAサイクルを回して活動を進める。そのために達成度の測定指標を売上高や利益、生産性、不良率などの数値で設定し、見える化するという能力やスキルが必要となります。(これを仮に問題解決系のスキルといいましょう。)

 一方「人や組織を効率的に使って」の部分から、部下の目標管理やモチベーションの向上、職場内のコミュニケーションの促進などの能力・スキルが必要となります。(これを仮にコミュニケーション系のスキルといいましょう。)

 たしかに「結果を出す」ということが最終結果ではありますが、「人や組織を使って」ということが不可欠の手段である限りは、問題解決系コミュニケーション系の両面にわたるコンピテンシーがマネージャーに求められるといえるでしょう。したがって、これらは車の両輪のように両方とも重要であり、そしてまた、この枠組みを研修などの教育プログラムの冒頭で明確にすることが受講者の理解のためにも大切だと筆者は思います。

 ところが、今行われている研修や、ビジネス書では、この枠組みをきちんと整理して伝えることがあまり見られず、いきなりどちらかのコンテンツに入ったり、最近はコミュニケーション系が全てのような言い方になっていることもあるように思います。これが冒頭の先生が言われていることにつながっているのでしょう。

 バーナードという経営学の先生は、公式組織が成立する条件として
  「共通目標」
  「貢献意欲」
  「コミュニケーション」

の3つが必要だといっています。組織の目標を達成するためには、構成メンバーがその目標を共有し、互いに貢献しようと欲し、そのためにコミュニケーションが必要なのです。だとするとコミュニケーション系は枝葉のスキルではなく、問題解決系のスキルを発揮するための基盤のようにも感じているところです。
---------------------------------------------------------------
冒頭の写真:熊本城に隣接する細川刑部邸、昔の上級武士の暮らしぶりがわかる邸宅です。ひっそりとした落ち着いた場所でたいへん癒されました。
[PR]
by atanabe-coach | 2008-10-26 23:30
f0142717_17535984.jpg

 生きているといろんなことがあります。良いこと、望むこと、嬉しいこと、楽しいこと、、あるいは悪いこと、望まないこと、つらいこと、悲しいこと。でもそれが人生なので変化があるのですが、悪いことはできれば、あってほしくありませんよね。

 悪いことを良いことと受け止めたり、悪いと思う受け止め方を軽くすることができれば、心が軽くなるばかりか、悪いことからさえも、よい結果を手繰り寄せることができるかもしれません。またそれを経験することによって自分を成長させることができるかもしれません。このような考え方を「プラス思考」と呼ぶことは皆さんご存知だと思います。このブログでも過去に3回で連載しています。またプラス思考講演家の阿奈靖雄先生のご著書もご紹介しました。

プラス志向で考える1
プラス志向で考える2
プラス志向で考える3
阿奈靖雄氏セミナーを聴講して

 しかし、プラス思考のいいことは分かっていても、いつも実践できるとは限りません。いくら頭ではわかっていても、心の状態に応じて落ち込んだり、悲観的に考えたりすることがあるでしょう。そのような時に、口に出すとよい言葉が本日のタイトルにある「待てよ、きっといいことがある」です。なにか自分にとって望ましくないことやあってほしくないことはやはり起こります。そのときにイヤだイヤだと思っても何の解決にもなりません。そこでその出来事についても、どこかいいことがあるんじゃないかと積極的に探してみましょう。そのことを経験したり、その状況を切り抜けたりすることで自分の成長につながるというような漠然としたことではなく、より具体的に考えイメージしてみるのです。
たとえば

●予定していた会合に、自分だけ参加できなくなった。⇒<いいことは?>時間が空いた。前からやりたかったが時間がとれなくて着手できなかった、あの件に着手できる。

●取れそうだった注文がキャンセルされた。⇒<いいことは?>なにが原因で、対策をどうすればいいか検討するモデルケースに使える。営業部門の社員にグループ討議してもらおう。いい機会だ。

●今日はゴルフでバンカーにばかり引っかかる⇒<いいことは?>プレッシャーがかかった状況でのバンカーショットの練習ができる。自分がどれくらいイメージどおりクリアできるか観察して、次に活かそう。



 このように積極的に、いいことを探すわけですが、ここまではよく紹介されていることかもしれません。本日はそれをうまく行かせるコツについて、もうすこし考えて見ましょう。

 では、悪い状況から具体的によいことの具体的イメージを導き出す方法とは。

①まず自分が望まぬ状況に陥っているということを自覚する。
状況もしっかり把握せずにあわてたり、沈んだりしていることはありませんか。そのような状況ではプラス思考はできません。

②望まぬ状況とその中にいる自分を、外から見るようにする。
つまり自分がいる舞台を観客になったつもりで観客席から見る。(このように視点を自分の外に持って、自分を客観的にみつめることを心理学の用語でデソシエーションといいます)そうすることにより、カッカした自分の心を静めることができるでしょう。また周囲がより広く見えるようになると思います。

③「この状況でも、なにかきっといいことがあるはず」と信じて、それを探すようにする。
これは人の強みや長所を積極的に見つけ出す心の持ち方と共通点があるように思います。日ごろから人や事柄のいい面を見つける癖付けをしておきたいところです。

④その状況のいいことを、具体的にあげてみる。そして言語化して口に出して言ってみる。さらに時間的な余裕があれば、いいことをやっている自分や周囲の人の反応なども映画のように思い描く。
人は、言語化することにより、自分の考えがよりクリアーに整理されます。また、状況を体の感覚も含めてイメージすることにより、その考えをより強化できるのです。

 いかがでしょうか、なんとなく「いいこと」が見つけられるように思えませんか。このようにちょっとした、心理学的な手法を使うとプラス思考もやりやすいと思うのです。

------------------------------------------------------------
冒頭の写真:熊本城本丸天守閣。先週家族で熊本、玉名温泉に行ってまいりました。築城400年を記念して改修なった熊本城も見学させていただき、美しい石垣と豪華な建物に深く印象つけられました。この日熊本城では「お城祭り」も行われており、いいお天気の下、ゆったりと楽しむことができました。以前あるセミナーでご一緒させていただいた熊本市職員の方に、いろいろと情報をいただいてたいへん助かりました。(この場をかりてお礼申し上げます。北九州にもぜひおいでください。)
[PR]
by atanabe-coach | 2008-10-18 18:00
←menu