<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 昨年12月29日の記事「会議にエバリュエーションプランを設定する」に引き続き、エバリュエーションプランについて書いてみます。我ながらよほどこだわりがあるんだなと思っています。

 企画書には、目的とかネライとか書いた欄が必ずありますよね。この欄、どのように見ていますか? 筆者がずっと若いときは次のように思っていました。「こんなのは「飾り」じゃないか、重要なのは中身だよ、しかし書類の最初の方にあるし、大切そうに見えるので、何か書かないとまずいだろう、めんどくせーなあ。」と思いながら、ちょっと気取った言葉を使って文章を埋めていました。以前いた会社でも、この部分自体にはあまりふれることをせず、すぐ中身の議論をしていたように思い出されます。でも、目的ってほんとに大切なのだな、と次第に思うようになりました。なぜなら、目的をはずしてしまうと、どんなに精魂こめて検討して作成した企画も、意味を成さないからです。考えれば当たり前のことです。

 ちなみに筆者は15年ほど前(ずっと昔だあ)に、VE(価値工学)とか、日比野省三氏の「企画計画実行の法則」を勉強して目的志向に傾倒した時期がありました。それ以後、物事を計画する時には、「目的」を大切にはしてきました。しかし、それでもなお、高尚な言葉でカッコつけた文章を書く自分がいたことを否めません。そんな目的は意味を成さないと思うのですが、社内文書などで目的を記入するフォームがある場合は、あまり砕けた表現もできないので、そうなっていたように今は思います。

 そのような中で出会ったのが「エバリュエーションプラン」という言葉なのです。エバリュエーションプランでは、それが終わって、誰がどうなっていたらいいのか(どういう状態か、どういう行動か)を自分で考えて文章にして見ます。それを関係者と共有します。具体的な言葉で平易に書き表すので、却って内容を練り上げるために威力を発揮します。

 ちょっと事例をご紹介しましょう。最近、新入社員向けの研修の内いくつかのコマの企画を作成しました。たとえば「論理的話法」というコマでは、従来は目的として、「新入社員がビジネスにおける話の仕方を学び、論理的話法についての知識を得る」といったものにしていました。(さすがに2時間程度の研修で論理的に話せることは目的にしていませんでした。) この目的はこれいいのでしょうが、ではこの研修が終わった時に、彼らがどういう状態になったらいいのか、ここを徹底的に考え、エバリュエーションプランを設定したのです。その結果、それは「彼らが、話を始める前に、(何を話すのか、誰に話すのか、何のため話すのかを)整理するプロセスが加わるようになる。」としたのです。

 「論理的話法」いうと普通はロジカルシンキングに代表されるようなスキルが中心になると思います。そのことは確かに重要な考え方であり、スキルといえます。トレーニングも必要です。しかし、そのスキルを駆使する前に、これから話す目的は、アイデアを採用してもらうためなのか、相談するためなのか、単なる報告なのか等、自分はこれから何のために話すのかがまず重要です。そしてそれは誰(どんなことを知っているのか、どんな考え方をする人か)にするのか、これらをまず整理することが必要になるのです。中には部分的に自明なものもありますが、まずここから考えることによって、どのように話すのか、つまりどんなスキルを使うのかが選択できるようになるのです。

 こんな議論をして、今度の「論理的話法」の研修は、話す「目的」「相手」「内容」をまず整理することの重要性を体感する内容を盛り込んだものにしたのでした。それまでは「どのように話すか」つまりスキル一辺倒だったのが、もっと腹に落ちるものになった気がします。

 エバリュエーションプランは目的に心を与えます。 
[PR]
by atanabe-coach | 2009-01-28 00:03

f0142717_02102.jpg

 本日は年明け後の最初の月曜日、仕事始めの方々も多かったと思います。今年も元気にいきましょう。本日は、筆者の今年の目標設定についてのお話をさせていただきます。毎年の途中で、年初に立てた目標がどこかにいってしまうという悩みの解決方法が分かったのです。

 さてさて、2008年の1月4日付けの記事「2008年の始まりです」を読み返してみました。真面目に目標設定をしています。このとき立てた目標をやっと昨日(2009/1/4)に振り返ってみましたのです。その結果は・・・

 4月の異動・転勤もあって、目標の3分の1近くは状況の該当しないものになっており、振り返りから除外しました。あとはやれた、まあまあ、まだ不十分、全然やれてない、など様々でした。昨年の記事によれば手帳に書付けて、忘れないようにもしたということですが、4月の移動後の「怒涛のような1ヶ月」以降、ちょっと頭から飛んでいたようです。それでも本当にやりたかった項目は頭に残っており、やれてはおりましたが、バランスの欠けたものになったことは否めません。2006年の目標も勝敗は5分5分、筆者の場合どうも新年の意気込みが長続きしません。いい案はないものでしょうか。

 おもえば、日本では多くの企業が事業年度を4月-3月で設定しており、この境目で環境がガラッと変わることも珍しくありません。それで最近は4月始まりの手帳を使う方もおられるとか。筆者の年初の目標がどこかに行ってしまうのも、この影響が大きいよう思えます。ならいっそう4月に目標設定しようか。これも一案です・・・が、やはり、1月1日の元旦に、初詣をして新たになったこの気持ちを大切にはしたいのです。どうしよう・・・と考えていますと、次のような考えが浮かびました。

 つまり、目標の中に、その見直し・振り返りを折り込むということです。見直しは4月の年度替わりの時期に、目標自体を見直し、場合によっては項目を入れ替える。また振り返りは、たとえば3ヶ月おきに、目標項目の達成状況を確認し、アクションプランの手直しをしていくというものです。そしてこれらを実施すること自体を目標に入れるというものです。

 こりゃいい考えだ、こんどはうまく行くだろうと思った時に、またふと浮かびました。「これって会社の仕事のやり方そのものじゃん。」会社では、年度方針などを定期的に振り返っていると思います。しかしそれはあまりに当たり前のことでなかなか気がつかないのですが、途中での確認や見直し(つまりPDCAのCA)自体を仕組みに組み込むことは、目標達成には実に有効なことですね。そう考えると部下の業績目標についても、期首と期末に設定と評価を行うだけよりも、短時間でもいいので中間で確認・見直しを行うことが重要だと改めて思いました。

 さあ、2010年の年初に、筆者がどのように2009年の目標を振り返るのでしょうか。今年は目標を忘れないようにと決意を固めて、本日の記事を終了します。

 本年もご愛顧たまわりますようお願いいたします。
----------------------------------------------------------
冒頭の写真:丑年にちなんでリョクテンクロビンタンエラウミウシの写真を掲載しました。筆者が昔インドネシアの海で撮影したものです。(ウミウシは種類がたいへん多く、名前を探すのがたいへん。この名前は筆者が勝手につけたものです。ちなみにビンタンはインドネシア語で「星」の意味、エラが星型になっています。かわいいでしょ。)
[PR]
by atanabe-coach | 2009-01-05 23:54
2009年が明けました。皆様明けましておめでとうございます。

 昨年を表す漢字には「変」が選ばれましたね。思えばいろんな変がありました。昨年後半にはアメリカでサブプライムローン破綻に始まった世界規模の景気後退で、日本でも暗い話題が新聞をにぎわしました。今もまだ底ではないということも言われており、胸が痛みます。

 しかし、朝の来ない夜はありません。2009年の今こそ、きたる飛翔の時にそなえて会社も個人も基盤を確かなものにしておきましょう。筆者は、「変」の字に「革」をつけて、2009年は「変革」の年にしたいと思っています。ダーウィンの言葉「生き残るのは、大きいものでも強いものでもなく、最も変化に適応できたものである」に強く心を動かされます。

 ということで、筆者のタイトルもリニューアルし「やる気引出しプロデューサー」といたします。ビジネスホームページもリニューアルしております。

 読者の皆様にとって、2009年がすばらしい年となりますことを祈ります。

 では、今から自宅近くの神社に初詣に行ってまいります。本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by atanabe-coach | 2009-01-01 00:01
←menu