<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0142717_130776.jpg

 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。北九州地方では、昨日30日はちょっとひんやりする一日でした。道端のサツキのピンクの花が色鮮やかでした。(写真は、フリー写真サイト「植物園へようこそ!」よりいただきました) 
------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第16回:なりきるスキル
 前回は、ヤル気をだすためになりきってみる方法についてみてみました。今回は具体的ななりきるためのスキルをご紹介します。やってみていただくと、心ワクワウ、体ウキウキという感じがしてくると思います。

①まず、テーマを決めましょう。どのようなことを実現したいのかです。できたらいいなあ、でもちょっと腰がひけるなあと感じるものなんかがいいと思います。

②つぎに、自分が模範としたい人(つまりモデルです)を思い描きます。知っている人でもいいし、有名人でもいいでしょう。そしてその人が、自分が目標とする行動をとっている姿を思い浮かべます。その人のしゃべりやしぐさを具体的に思い浮かべるます。ちょうどハイビジョンのTVを見るように、声のトーンや表情など、できるだけ詳しく描きましょう。こうして、自分が望む行動を、そのモデルにとらせ、十二分にイメージを描き出します。

③こんどは、そのTVの画面の中で、モデルを自分に入れ替えてみます。そのまま動画を続けます。ハイビジョンで鮮明に自分の番組を見てください。先ほどのモデルになりきれていますか。

④それがうまくいったら、画面のこちら側でみている自分が、TV画面の中の自分に入り込んでみます。そしてモデルになりきった行動を続けます。100%なりきるのです。今度は画面は見えませんよ。先ほど見えていた画面の光景が自分の回りに広がっています。そして、見えているもの、聞こえている音や声、体に感じる感覚を受け入れます。

⑤この感覚をしばらくの間味わったら、こんどは近い未来を考えます。具体的に、こんど自分がその行動をとっている場面を思い浮かべるのです。TV画面ではありません。自分がTV番組の主役になって、その場面にいて、主役の自分から回りを見て、聞いて、感じているのです。


 いかがでしょう、ヤル気がでてくるのを体感できたでしょうか。この方法は、NLPでモデリングと呼ばれるものです。モデルが持っているリソースを自分に借りてくるように見えるかもしれませんが、実はそのリソースは、もともと自分に潜在的に備わっているものなのです。自分の奥に眠る可能性を、モデルになりきるという想像を通じて引き出しているということになります。

 ありたいモデルになりきることで、それをやりたくてウズウズしている自分が現れます。

------------------------------------------------------------
 上にご紹介したスキルで、自分が出ているTV画面を眺めるように、自分を含めた状況を第3者の目から眺める自分というものと、自分の中から周りを眺めている自分というものが出てきます。前者をデソシエイト、後者をアソシエイトをよぶのですが、デソシエイトは状況を客観的に捉えることができ、アソシエイトはその反対です。これを使い分けることが上のスキルのひとつのポイントです。

 デソシ・アソシはそれだけでも使えます。自分にとってよくないこと、望ましくないことに遭遇したときや、そのようなことを思い出すときは、デソシで客観的に捉えてみる。逆に自分にとってよいこと、望ましいことに対しては、アソシで思いっきりその感情に浸る。このようにすると、望ましくないことは自分にとっての改善の糧に、望ましいことは、自分のエネルギーの源になり、ともにリソースに転化できるのです。

 筆者は、もともとよくないことに対してアソシで、よいことに対してデソシで捉える傾向がありましたが、これにはつらいものがありました。デソシ・アソシを知ってから意識して逆に捉えるようにしています。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-05-31 01:35
 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。先日ゴルフに行きました。とてもいいお天気で気持ちよくプレーできました。お昼にはどうしてもビールを一杯といきたいところですが、飲酒運転は厳禁です。そんなところに救世主登場、4月8日に0.00%のビールテイスト飲料(×リ×フリー)がでていたのですね。これはけっこううまかった。
 今年のヒット商品はハイブリッドカーとノンアルコールビールテイスト飲料ではないかと思っているこのごろです。

------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第15回:なりきってみる

 ヤル気のヒキダシ第9回で、目標をやりとげた状況を想像することによるヤル気アップの方法をご紹介しましたが、今回はこれをもっと積極的に行う方法についてみてみましょう。

 それは、目標を達成した姿になりきるという方法です。たとえば、目標をなしとげて変身した自分を思い浮かべます。たとえば、
 ・身体面:スマートにやせてどんな服でも似合って、異性が振り向いている。
 ・身体能力面:サッカーでレギュラー選手になって試合出場、いつも得点を決めている。
 ・精神面:どんな場面でも聴衆をスピーチで湧かせている。
 ・能力面:商談でいつもお客様に気に入られて契約がまとまる。
 ・資格面:ある資格を取得して、それを活かしてバリバリ仕事をしている。

などがあります。

 ただ想像するだけでなく、具体的に絵にしてみる、字で書いてみる、小道具や衣装をそろえてみるなど、視覚などの感覚に訴える方法がよりベターです。目標が高いと、まだ今の自分にはムリだとか、そんな図々しいことはできないよと怯む向きもありますが、ここは自分一人にとどめて、あるいは家庭内だけにとどめてあえてなりきってみましょう。

 こうしてなりきることにより、たいへん堅固な達成イメージが潜在意識に形作られ、これが目標達成に向けての好ましい行動を引き起こすのです。物理的な小道具があれば、それを見たり触ったりすることにより、目標達成の快感イメージが呼び起こされ、ヤル気がググっと出てきます。ときには、なりきることにより、すぐに違いがでることさえもあります。たとえば、以前だとなかなか足を運べなかったところに行けるようになるなどです。またなりきることにより、関連する情報を引き寄せてくるということが起こるでしょう。ぼやっとしていると見過ごしてしまうものが、意識があるとそのことが目に止まるという経験はどなたもお持ちだと思います。

 なりきったものの勝ちです。図々しくなりきってみましょう。
------------------------------------------------------------
 いかがでしたか、なりきってヤル気を高める方法。 ちなみに筆者は、以前ある資格をとる勉強をしていた時、自分の名刺にその資格名を手書きで書きいれ、それを机の前に貼り、勉強の合間に眺め、名刺交換している将来の自分を想像しておりました。これは粘り強く資格取得の準備を続けることに、たいへん大きな効果がありました。
 ただしこの方法、目標達成系のヤル気にはいいですが、たとえば、部屋を片付ける気が起きないときなどには使わないでください。片付いてもいないのに、片付いた気になってはやはりよくありませんし、そんなケースにはおそらく効果はありません。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-05-24 23:28
  こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。関西地方で新型インフルエンザが広がりだしました。幸い症状はひどくはならないようなので、そこは救いですね。マスクするとか、手を洗ったりうがいしたりの防衛をしっかりしていこうと思います。 

------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第14回:やり方を進化させる

 前回は、「いつもと違うことをする」ことによってヤル気を引き出す方法についてみてみました。今回もこの方法についてもう少しみていきましょう。

 あなたにはずっと続けていることはありますか。何年もやっていらっしゃるのならたいへん立派なこと、大いに敬意を表します。このレベルまで続けられているのであれば、もう習慣になっていてこれを中断するということは考えにくいと思います。

 では、その段階にまで到達していない継続事項について考えてみます。このようなものには、2つの危機があると思います。まず、最初続けるぞと決意を固めてからの三日坊主の克服、そして次にある程度定着したものの最初のころの熱意がなくなってなんとなく続けている、なにか理由があれば止めてしまうかもしれない状況の克服です。

 1つ目の危機「三日坊主」は、ものの本によると、まずは3週間続くことができればひとまず安心なのだそうです。三日坊主は最初にやるぞと思っても、そのときのわくわく感が持続しないことあるいは押さえられることが原因です。これにはいままで何回かご紹介したような方法が効果的です。続けることによって自分がどう変わるかという達成イメージを目に見えるところに貼る、チェック表を作って実施状況が見えるようにする、そして1週間毎にご褒美を設定するなどの工夫が有効でしょう。

 2つ目の危機は、人間の性である、「馴化」が原因です。これはいわゆるマンネリ感というヤツです。いくら複雑なことをやっていてもそれを繰り返していくと、めずらしさや困難さのハードルが下がってしまい、脳に刺激や興奮を与えないようになるのです。言いかえれば、感動する内容がなくなるということです。

 そこで、それを防ぐ方法としては、「厭きさせないようにする」ということがあげられます。ジョギングならいくつか複数のコースを設定する、語学ならパソコン、本、映画を見る、人と話すなどいくつかのやり方を準備しておいてやる度に方法を変えてみるということが考えられます。しかしその複数のパターンの組み合わせ自体に厭いてきたらどうするか・・・これはやはり「どうすれば面白くなるか」という意識をもってことにあたるということでしょう。

 かって日本の製造業は強いといわれていました。これは製造現場が決して単純作業の繰り返しではなく、改善活動や提案制度によって従業員の自主的な改善意欲、向上意欲を刺激し、その効果を現場で感じることができたことが大きいといわれています。いつもこれは何のためにやっているのか、その目的を果たすためには、もっといい方法はないかと意識すること、そしてそれを実践することにより、やり方を進化させていくこと、これが単純繰り返し行動を刺激的な行動に変えるのです。

 厭きないようにするには、複数の方法を準備する、改善意識をもってやり方自体を進化させていくという方法がおすすめです。

------------------------------------------------------------
16日から3週間おきの土日でNLP(神経言語プログラミングという心理学の一分野)の次のコースを学び始めました。さらに深く学べることに喜びを感じます。たくさんの体感を得ていきます。そしてこの中でまた多くの仲間ができたことに感謝しています。(ただ場所が大阪、17日夜の帰りの新幹線では、しかりマスクをつけました。今後の新型インフルエンザのニュースに注目です。)
[PR]
by atanabe-coach | 2009-05-17 23:40
f0142717_21385096.jpg

 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。今日もいいお天気に恵まれましたので、北九州市門司区にある白野江植物公園に行ってまいりました。花一杯というわけにはいきませんでしたが、ボタン、シャクナゲ、ショウブなどの花が美しく咲いて出迎えてくれました。連休中はさぞ混んだことでしょう。しかし今日は人出もそこそこ、ゆっくりと散策することができ、贅沢な時間を過ごすことができました。 
------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第13回:いつもと違うことをする
 ちょっとヤル気が出ないなあ、調子が乗らないなあ、というときの対処法に、「いつもと違うことをする」もあげることができます。本日はこれについてみてみましょう。

 ヤル気が出ているということは、その人が心からあることをやりたいと思っている状態です。これは顕在意識レベルだけでなく、潜在意識レベルでもそう思っているということでしょう。やらなくてはならないのは分かっていても、いまいちヤル気が出ないときというのは、顕在意識ではそう思っても、潜在意識が受け付けないということだと考えられます。よって潜在意識からヤル気をだしてもらうために仕掛けを工夫するのです。その一つが「いつもと違うことをする」なのです。

 「いつもと違うことをする」・・・たとえばいつも行かない美術館にいってみる、近くの山に登ってみる、しばらくいっていない馴染みのお店に行ってみる、(いつもはやらないけど)近くをジョギングしてみる、旅行に行ってみる、髪型を変えてみる、等々いろいろ考えられますが、これらを行うとどういうことが起こるでしょう。考えてみていただけますか?

   ・・・・・・そう、自分の心の中に、強弱はあるでしょうが感動が引きこされると思います。またそれは快感を伴うものであるでしょう。そうすると潜在意識は大いに刺激されるのです。そして潜在意識が活性化すると、それによってヤル気も一緒に作り出されるということなのです。

 さて、顕在意識の入出力装置(つまりコンピュータでいうキーボード)は言語ですが、潜在意識のキーボードは五感情報(つまり知覚や感情)です。五感情報が強いほど、潜在意識への働きかけも強くなります。感動する心、感性の高い心、こういったものは人生の充実という面で大切ですが、ヤル気という面でも持っておいたほうがトクですね。

 いつもと違うことによる感動が、ヤル気を高めてくれます。感動する心がポイントです。

------------------------------------------------------------
冒頭の写真:白野江植物公園のショウブ。公園内はとても美しく、かつ山の部分は自然の姿がのこるように工夫しながら美しく整備されています。(この公園の入場料が200円とは安いです。) 職員の皆さん、憩いの場を提供してくださって、ありがとうございます。
[PR]
by atanabe-coach | 2009-05-10 22:50
 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。皆様はどんな連休をお過ごしでしょうか。新型インフルエンザの騒ぎもありましたが、割引料金のおかげでしょうか、高速道路は渋滞、行楽地はにぎわったようです。田辺はいろんなたまった用事の片付けに前半をつかい、ようやく休みの残りでゆっくり出来そうです。あと2日の休みを楽しみましょう。
------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第12回:好きなものを絶つ

 今回は、何かを成し遂げた時のご褒美を積極的に渇望させる方法について考えて見ます。それは、いつも自分が好んで使うもの・食べるもの・聞くものなど、自分の好きなものを目標達成まで「絶つ」という方法です。

 そもそもご褒美とは、目標を達成した時に与えられる報酬です。報酬を手に入れたとき、人はたいへん大きな喜びを感じますし、まだ入手していなくても、それを予感した時には同様に喜びを感じます。そして人は、喜びと連結されていれば、その前にある苦しいことにさえも向かっていくことができるのです。(これをNLP風にいうと、「連結体系を作り出す心の状態管理により、逆境でさえも克服できる」となります。)

 さて、喜びの予感は、その感情(感覚)が鮮明である方が、人を行動に向かわせる力が大きくなります。つまりその報酬を入手した時に、自分がどのように行動しているか、目の前には何が見えるか、どんな音が聞こえるか、体はどのように感じるか(温度は、軽さは、匂いは等々)などの感覚を明瞭に感じることができるかによっているのです。

 自分がいつも接する好きなものであれば、それに接する時の感覚はしっかりと体に刻み込まれているでしょう。これを絶つわけですから、絶っている間はそれが欲しくてたまりません。これはただ「渇望する」と表現するよりも、「それを入手した時の様々な感覚が思い浮かび、その感覚が欲しくなる」といったほうが正しいでしょう。そして目標への行動の先に達成があり、その達成が「絶った物」と連結されていれば、行動に対する非常に強いモチベーションが生まれるのです。そしてまた、そこまで自分が決心したという「決意の証」にもなり、それを思い出させることが更に行動を強化します。なお、途中で誘惑にまけて「絶ち」を止めるとダメですので、誰かに宣言しておく方がいいでしょう。

 「○○絶ちという」古臭い方法も、すぐれたヤル気の源なのです。

------------------------------------------------------------
 2月から隔週土日に大阪に通って学んだNLP(神経言語プログラミング)プラクティショナー・コースが4月26日に終わりました。人間の心のしくみを知って、それまでコーチングで使っていた様々なスキルの理論的な背景が分かっただけでなく、自分自身のあり方を問い直し、自分の目指す方向へ向かって、新たな一歩を踏み出すことができ、たいへん満足しています。また一緒に学んだ人たちとは本当に何でも話せる友人関係を築くことができ、感謝しています。
 5月中旬からは更に深めるコースに通います。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-05-04 23:59
←menu