<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。このブログは毎週日曜日の更新を心がけていますが、今回はちょっと遅れてしまいました。
 北九州地方はやっと梅雨らしい空模様になってきました。雨はうっとうしいですが、こちらでは給水制限しているところもあり、恵みの雨になるといいのですが。
 では、おまたせしました、今日もお楽しみください。

------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第19回:ヤル気のプログラムをつくる

 本日はちょっとめずらしい話をさせていただきます。それは先延ばししてできないことに対して、心にヤル気のプログラムをつくるということです。えっ、ヤル気のプログラムって? 分かりにくいですよね。例を挙げて説明します。

[Before]
 レポートを仕上げなければと思いつつ、なかなか手が付かないという状況があるとします。どうしてそうなるのか自分の心の動きを振り返って書き出してみます。たとえば今まではこうでした。

①予定表を<見る>
②レポートを仕上げなければいけないということを<思う>
③まだまだ日があるから大丈夫という内なる心の<声を聞く>
④ビールを飲みながらTVを見ている自分の姿を<思い描く>
⑤「レポートを仕上げなければ」という<声>と「今日はやめておこう」という<声>の2つの声が聞こえて葛藤を<感じる>



[After]
 上のように心の動きが分かったならば、それを意図的に変えようというものです。次のように書き換えてみます。これが修正されたプログラムつまりヤル気のプログラムになります。

①予定表を<見る>
②このレポートを仕上げなければいけないということを<思う>
③仕上がったレポートを読んで達成感を感じている自分を<思い描く>
④残った日に、ゆったりと家族とTVを見ている自分を<思い描く>
⑤また次回も早く片付けて余裕を持とうという内なる<声を聞く>


 こう書いてみると簡単ですが、ミソはこのプログラムを書く時に、自分の心と対話しながら、五感情報自分の外のものを<見る>、<聞く>、<感じる> 、あるいは自分の内なるものを<見る>、<聞く>、<感じる>)をたっぷり引き出しながら心の変化を書き出すのです。つまり上のプログラムの中で<見る>、<聞く>、<描く>、<思う>などで表現しているような表現を引き出します。このときに単に想像するのではなく、自分の過去の体験から、しみじみ「そうだよなあ」と思えるものを思い出してそれに浸りながら作っていきます。そのときの五感情報が鮮明であればあるほど修正プログラムは強力なものになります。

 本日の話は読んだだけでは実感しにくかったかもしれません。NLPの学習ではこういったワークもやっています。この方法は、先延ばししてなかなかできないことをやるときだけでなく、自分が好ましいと思わない行動をどうしてもとってしまうときに、好ましい行動に変えるときなどにも使えます。

 心のプログラムに修正を加える作業が行動を変えます。

------------------------------------------------------------
 先日(6月13日)妻と一緒に映画を見ました。この日から封切りのT4(ターミネーター4)です。ストーリー、映像、音響、人物描写のどれもよい出来で堪能できました。
 ところで最近は洋画は吹き替え版を見ています。以前はオリジナルである字幕版を見るのが当然で、吹き替えなんて邪道で、字をよく読めない子供が見るものという決め付けがあったのですが、最近はその主義を捨てたのです。
 吹き替え版では、風景や場面の美しさとか、登場人物の表情・しぐさに対して注意を向けながら映像を満喫することができます。吹き替えであってもセリフの声のトーンはプロの声優が演じていますので、本物に較べて表現力に遜色ないとものと思います。
 吹き替え版の選択は、5月に見たレッドクリフ2からなのですが、以前の字幕版よりも、ずっと楽しく鑑賞できるようになったと感じています。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-06-24 00:23
f0142717_22214317.jpg

 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。昨日通りかかった喫茶店の庭に咲く紫陽花が薄紫色の花を美しくつけていました。北部九州が入梅したとはいえ、まだ本格的な雨は降りません。福岡県では地方によっては、ダムが渇水で給水制限しています。雨は好きではありませんが、恵の雨が待たれます。 (写真は、フリー写真サイト「植物園へようこそ!」よりいただきました)
------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第18回:よいところを見つけてみる

 今回は、あまり自分では「やりたくない、でもやらなくちゃならない」ことに対して、ヤル気を出す方法を考えて見ます。それは、やらなくてはならないことについて、よいところを見つけてみるということです。よいところが見つかれば、やり遂げたイメージも明確になり、興味が湧くでしょう。

例を挙げてみましょう。
①部屋を片付ける⇒部屋が片付くと気持ちが良い、頭や体がスッキリすと、いろんなことがうまく行く。
②嫌いな人と話をする⇒その人がどんな人かがわかる。自分とは違う考え方が参考になる。関係を好転させる機会である。
③難しい仕事をやる⇒その仕事を経験することにより、自分のリソースが増える。次に同じような仕事が来ても難なくできる。より高レベルの仕事に挑戦できる。


 どうせやらなくてはならないのなら、楽しくやった方が自分が楽だし、結果もうまくいくことでしょう。

 さて、このようなプラス思考を習慣づけるには秘訣があります。まず物事に対して、否定的な言葉を口にしないということです。言葉にするとそれが自分の考えをより強化し、潜在意識に刻み付けるようになります。そうなるとうまくいくものも行かないようになります。

 それよりも何かが起こった場合に、「それはちょうどよかった。」とまずは言ってみましょう。そしてそれに引き続き「なぜなら~だから。」とその理由を考えます。このフレーズを使ってよいところをさがす方法は実際にセミナーなどでゲームとして採用されています。

 また、次の小説を読んでみることを強くお勧めします。これは筆者がNLPを学ぶ過程で、講師の方から教えていただいたものです。ちょっと古いものなので翻訳の日本語が変ですが、主人公であるパレアナという少女のプラス思考に圧倒されます。

 少女パレアナ
 
 ヤル気を出す話から、プラス思考に話が飛んでしまいましたが、プラス思考は人生を楽しく明るくさせる効果があります。

 プラス思考で、これからやることのいいところを見つけましょう。おなじなるなら楽しんでやりましょう。

------------------------------------------------------------
 筆者も最近プラス思考が習慣になりつつあります。おかげで、先日ゴルフをした際に、一つのホールが調子悪くても、気持ちを次に引きずることがありませんでした。「ここでこのボールがでたのなら、次は失敗しないに違いない」「ミスショットしたことで、体重移動が不十分であることがわかった」「調子良かったのに、この弾が出たということは、慢心するなという警告だ」などと自分にいいように解釈すると、どんなホールでも楽しめました。
 現象は一つでも解釈の仕方で様々な意味がでてきます。それを決めるのは自分の心の持ちようなのですね。とすれば、心の持ちようをコントロールできればうまくいくのです、楽しめるのです。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-06-14 22:23
 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。6月になってクールビズのビジネスマンをよく見かけるようになりました。ネクタイを外した相手に向かうと、話しかけやすい気がします。自分がネクタイを外すと気分が軽くなります。ネクタイを取ることは、体温調節という意味だけでなく、開放感や相手に対する親近感を増す効果があるように感じます。
 これは潜在意識の中で、カジュアルなファッションと、過去の開放感・親近感に関係する体験が繋がっているからなのでしょう。

------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第17回:自分を追い込む

 今まで見てきたヤル気を引き出す方法は、自分にやりたいと思わせる方法でした。今回は、「やりたい」というようりも、「やらなくてはならない」と思わせる方法についてみてみましょう。

 おそらくだれにでも共通で思い当たることに、〆切が近くならないと何かをやらないということがあるでしょう。不思議なもので、まだ時間があると思うとどうしても手がつかないけれど、〆切が間近かになるとなんとかやってできていまうものです。

 これは、人間の脳は痛みを避け、快を求めるという性質があるからです。(NLPでいう脳の3原則の一つ「快・不快の原則」です。)〆切に間に合わないと、叱られたり、苦情をいわれたり、また他人からなにかの働きかけがなくても、バツがわるかったりします。これが脳にとっては苦痛と考えられ、この苦痛から逃れたいという意識が働くからです。あるいは、自分で〆切を設定した場合は、自分の中にある「〆切は守るべきものだ」という信念に反することになり、これが痛みと感じられることになるのです。

 このように何らかの制約を自分に与えて、それに反しないような状況をつくることが、「やらなくてはならない」と思わせる方法ということになります。具体的にどのようなことがあるかみてみましょう。

〆切をつくる:上にご紹介した例ですが、自分で自分に約束するのです。何事もいつまでにやるという期限を区切るという習慣をつけるといいですね。

公言する:〆切をつけるだけでは、いまいち力強さを感じない場合には、周囲に人「私は○○をいつまでにやる」と宣言してみましょう。宣言すると、その言葉を守らないとバツのわるい思いをすることになり、やらねばならぬという気持ちが高まります。

身銭を切る:なにかをやるときに、思い切って高い金を出してみましょう。たとえば、なにかを学ぶ際に、お金を払って学校に通う、少々高い本を買う、あるいは関連する本を数冊一度に買い込むということがあります。またなにかを始めるときに、道具などをごっそり買い込むなど。こうするとせっかく投資したのに、元をとらないと悔しい思いをすることになり、これが脳にとって苦痛になります。この場合は少々の金額だと、まあいいや、となるのである程度の金額である方が意欲が高まると思います。
例として、会社の研修を無料で受ける場合と、自分のお金を出して研修に参加する場合とでは研修に向かう態度が大きく異なるということはよく聞きます。

 以上のような例があります。
自分をやらなくてはならない状況に追い込むことによって、不退転の決意が高まります。

------------------------------------------------------------
 6日、7日と大阪に行ってまいりました。前回は3週間前、その後新型インフルエンザ騒ぎがあり、今度は大阪にいけるのかなという不安がありましたが、おちついてよかったです。すこし騒ぎすぎの感もありましたが、日本全体がこの経験からいろんなことを学んだと思います。ぜひ今後に活かしていただきたいものですね。
[PR]
by atanabe-coach | 2009-06-07 23:59
←menu