<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

       写真:堕ちてゆく・・・ (説明は末尾に)
f0142717_1644662.jpg
 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。
 皆さんは充実したシルバーウィークを過ごされましたか。遠くへ旅しても、また自宅にいても、いつもとは違う時間を持てたとしたら、すばらしいことだと思います。そんな時間そのものが贅沢ですね。
では、「心の状態管理でゴルフスコアが驚くほど伸びる5つのステップ」の第3回です。さっそく行ってみましょう。

*************************************
   コースで実力発揮するには腕ではなく心の持ち方がカギだった!!
 心の状態管理で
    ゴルフスコアが驚くほど伸びる
                   5つのステップ 

*************************************

ゴルフスコアアップの5ステップ 第3回:好体験は心の宝物 

 またまた気取ったタイトルですみません。今回は、ゴルフスコアアップの5ステップ 
   [Step1] 日常から心の基盤を作る
   [Step2] 好体験を心の栄養にする
   [Step3] 本番を妄想する
   [Step4] 本番で潜在意識を活用する
   [Step5] 結果を自分に役立つように解釈する

のうちの2番目のステップ [Step2] 好体験を心の栄養にするについてお伝えします。


 この連載は、練習場ではうまく打てるのに、コースではうまく打てない人がうまく打てる方法をお伝えしています。したがって練習場では一応打てていることが前提です。つまりある程度のスキルは持っているということです。とすると練習場で、時には快心のショットが出ますよね。調子がいいときはそれが1発だけではなく、その日はどれもうまく打てたりすると思います。本日のテーマは、この体験を自分の武器にしようということなのです。

 われながら美しいショットが打てたとき、皆さんはどう思いますか。
①これはいい、うれしい、自分もこんなショットが打てるんだ、自分にはその力が備わっているんだ、すばらしい。
②これはたまたまだ、たまにいいショットが出てもそれはまぐれさ、いまに崩れるぞ、あまり楽観するな。


 現象としては、自分が打った球がすばらしいものであったということです。これは色がついていない事実です。これを①のように評価するか、②のように評価するかは、あなたの見方しだいです。楽しく感じるには①のように思えばいいことは疑いないと思いますが、多くの人は②と思うといいます。それはなぜなのでしょう。

②のように悲観的に捉える理由を、私なりに考えてみました。
・①のように思っていると、人からおめでたい人、幼稚な人と思われそう。
・①のように思っていると、自分が油断して、向上心がなくなりそう。
・①のように思っていると、その次にうまくいかなかったときに落胆が大きそう。
といったところでしょうか。それは事実かもしれませんが、そう考えることによるメリットは何でしょう。自分が傷つかず安全でいることですか? その傷つきってそんなに深刻なものですか?
 
 反対に①のように考えるメリットは何でしょう。第一楽しい、すがすがしい、またやろうと思う、リラックスできる、のびのび打てる・・・などいいことがいろいろありそうです。仮に次にうまくいかなくたって、そういうこともあるかもと思えばいいことです。またこのいいショットが打てたからといって、練習をやめるのではなく、もっといい状態になるように練習を続ければいいのではないでしょうか。
 

 そうだとしたらいいショットは素直に喜びましょう。そしてそのときの感情や体の感覚をしっかり感じることが大切です。打ったときの体が動いた感覚、打球感、打球音、打球後のボールの軌跡、それを眺めるフィニッシュ体制の自分の姿・・・こんなものをしっかり味わってください。

 そしてこれは練習場のショットだけに限りません。コースでうまく打てない人でも、いつもそうとは限らないでしょう。調子のいい日もあれば、その日の中でも調子のいいホールがあったと思います。本番でうまくいったときは、やはり喜びの感情と視覚、聴覚、体の感覚をしっかり感じましょう。

 さらに、そのようなショットを打ったときだけでなく、過去のよい体験を思い出して、目の前に浮かべてみましょう。そしてそのときの感情や視覚、聴覚、体感覚を思い出してみましょう。さあ、実際に思い出してください
・・・いい感じがして、心が軽くなることに気がつくと思います。


 思い起こしてみると、いいショットを打った体験は結構多いと思います。その体験こそがあなたの宝物なのです。さて、この後は、過去の好体験を自分の心の中にしまいこんで武器にするアンカリングというスキルに進みます。しかし本日はちょっと長くなりましたので、続きは次回といたします。お楽しみに。

*************************************
 <冒頭の写真:堕ちてゆく
 9/18夜~9/21の間、鹿児島枕崎坊津にダイビングツアーに言ってまいりました。いつもお世話になっている北九州のかりゆしさんのツアーです。
 海況も穏やか、透明度抜群(Max30m)、お天気は最高で太陽が水中に降り注ぎとても美しい光景を目にし、久しぶりで水深40m(アマチュアダイバーの最深限度です)まで潜りました。こんなに気持ちのいいダイビングは、インドネシアで潜っていたとき以来です。現地でお世話になったダイビングショップのBポイントさんでも、テラスでおいしい食事とのんびりした時間を楽しむことがとができ、最高にリラックスできました。
 写真は、水底に向かって頭を下にして斜め下方向にチームで潜降していっているところです。この堕ちていく感覚が私はともて好きです。今からワクワクすることが始まるぞという予感を感じるのです。
 次回からいくつか写真をご紹介していきます。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-09-25 16:50
 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。いよいよ明日からシルバーウィーク、皆さんはどんなすばらしい計画がありますか。過ごしやすい気温で最高のレジャー日和になればいいですね。では、先週から始まった「心の状態管理でゴルフスコアが驚くほど伸びる5つのステップの第2回です。さっそく行ってみましょう。
*************************************
   コースで実力発揮するには腕ではなく心の持ち方がカギだった!!
 心の状態管理で
    ゴルフスコアが驚くほど伸びる
                   5つのステップ 

*************************************

ゴルフスコアアップの5ステップ 第2回:強く明るく美しく 

 んー、 なんだこのタイトルって感じでしょうか。まるで私のような?人のことを言っていますね。今回は、ゴルフスコアアップの5ステップ 
   [Step1] 日常から心の基盤を作る
   [Step2] 好体験を心の栄養にする
   [Step3] 本番を妄想する
   [Step4] 本番で潜在意識を活用する
   [Step5] 結果を自分に役立つように解釈する

のうちの最初のステップ [Step1] 日常から心の基盤を作るについてお伝えします。この最初のステップは、実はゴルフでスコアアップするためには、普段から「強く明るく美しく」あれということなのです。

 どういうこと?

   強く:自分をすばらしい存在と肯定して、承認する
   明るく:なにごとも起きたことをプラスに解釈する
   美しく:自分の周囲の人や起こった現象があってこそ自分があると感謝する


ということなのです。

 そんなこと、ゴルフと関係ないじゃない? 
 
 いえいえ、先週もお伝えしましたが、あまりうまくない私のようなゴルファーは、コースにでると緊張しやすく、練習場で打てた球も打てなくなる。だからビビらない心であるようにしよう、そのためには普段から揺れない心を持とう、そのためには、強く、明るく、美しい心を作っておこうということなのです。これがプレイ中にどう活かされるかは、いずれ説明いたします。

 なんとなく分かる気もするけど、じゃあ実際にはどうするの?

 そうですね。お題目ばかりで実践できなければ価値はありません。では、そうなる方法を紹介します。

 強く:自分をすばらしい存在と肯定して、承認する
 これはいわゆる自己肯定感、自己重要感、自己有能感、自己好感というものです。セルフエスティームとも呼ばれます。あなたは他人ではなく自分なのです、人はそれぞれ皆違います、あなたの中にもたくさんのよいところがあります、たくさんの経験があります。あなたはあなたにしかないものをたくさんお持ちです。隣の芝生は青く見えるので、比較して自分の内の芝生は貧弱に見えるのです。もっと自分を好きになり、もっと自分を肯定して、もっと自信をもって生きるようにしましょう。(セルフエスティームの高め方については、別途機会を持ちたいと思います。)
 
 明るく:なにごとも起きたことをプラスに解釈する
 これは私もブログで何度も取り上げているプラス思考です。何事も起こったことを自分にとってプラスになるように考えましょう。出来事そのものには良い悪いはありません。それをどう解釈するかは、あなた自身のフィルターによるのです。コップに半分水があっても、「あと半分しかない」と思うか。「あと半分もある」と思うか、それはあなたの考え方によるのです。自分にとって有利に解釈していったほうが、考え方がポジティブになりますし、見過ごしていたチャンスを見つけることができますし、第一人生が楽しくなります。具体的方法については弊ブログのプラス思考関係をご覧ください。

 美しく:自分の周囲の人や起こった現象があってこそ自分があると感謝する
 これは書いているとおりです。自分は人様から生かされています。人様あっての自分です。すべてのものごとは機会です。何が起こってもそれは自分を成長させてくれるリソースになります。と考えると、自然と感謝の念をいだくようになりますこのように考えると肩の力が抜け自然体で暮らせるようになります。。(・・・といいながらここは私もなかなかできていません。課題なのです。)  

 内容的にはわかったけど、なぜそれがゴルフに関係あるのよ?
 そうですね、なかなか分かりにくいと思います。それはステップが進むとわかってくると思います。

 では次回は[Step2] 好体験を心の栄養にするを詳しくご紹介します。これもなんだか分かりにくいタイトルですね、お楽しみにしてください。
*************************************
  私は今夕からトカラ列島(種子島と奄美大鹿の間の列島)に船中1泊、現地4泊のダイビングツアーに出発するはずでした。しかし、台風14号の影響で3日に1度の鹿児島~トカラのフェリーが欠航。鹿児島の海で3泊のダイビングに変更です。
 南の秘境の海に潜れると楽しみにしていたので、ちょっとがっかりですが、期間が短くなった分、2日間の自由になる時間を手に入れたと考えました。得した気分です。これプラス思考です。
 次回は鹿児島ダイビングツアーで撮った写真を掲載できると思います。
では、今からいってまいります。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-09-18 20:32
 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。今回から数回にわたって、「心の状態管理でゴルフスコアが驚くほど伸びる5つのステップ」を連載してみます。6月14日の記事の終わりのほうで「プラス思考をしてゴルフが大変楽しく感じたこと」を紹介していますが、この延長の記事となります。けっしてゴルフのテクニックを論じるつもりはありませんし、私にはできません。心の持ち方で実力がこう出せるという内容なので、ゴルフをなさらないかたも楽しめると思います。
 では、さっそく行ってみましょう。

*************************************
   コースで実力発揮するには腕ではなく心の持ち方がカギだった!!
 心の状態管理で
    ゴルフスコアが驚くほど伸びる
                   5つのステップ 

*************************************

ゴルフスコアアップの5ステップ 第1回:練習場とおりに打てたら 

 ゴルフをされる方なら誰しも、「ゴルフコースで、この前のゴルフ練習場で打てたように打てたら、スコアがもっともっとよかったのに」、という思いを持った事がおありと思います。しかし、ゴルフには「たら・れば」は禁止といわれるので、このことを実際に口にされる方はあまりいないでしょう。また一定の経験を持つと、「練習場のようにコースで打てるわけがない」という信念ができてそれが当たり前になってしまっていると思います。私のようなあまりうまい方ではない一般的なプレーヤーは特にそうだと思います。
 もちろんレベルが上がって練習場のように打てることが当たり前の人たちもおられるでしょうが、この連載ではあくまで一般的なあまりうまくないプレーヤーを想定しています。自分はしっかり実力が出せるよという方にはつまらない内容だと思いますのでお断りしておきます。

 私は練習場は嫌いです。それでも行かないとスキルがあがらないので頻度は多くありませんが通った時期もあります。最近はコンペの前に1、2度行くだけです。行ってやることはそれぞれの番手のクラブで数球打って感触を確認する+アプローチの練習でだいたい100球くらいしか打ちません。一応練習場ではまっすぐ、自分の思う場所に打てることを確認し、そのフィーリングを感じるだけにしています。
 で、こんな状態でコースに出るとどうだったか、ティーショットのドライバーがまずうまく打てれば、あとは何とかなるものの、それが横にそれだすと、セカンドショットはライ(足元の地面の傾き)が悪い、深いラフにかかるなど、条件が悪くなればなるほど、もう冷静に打てなくなり、どんどん土壷にはまって大たたきということがしょっちゅう起こっていました。それでここ数年は110~120というスコアだったのです。ゴルフの経験は長いのに情けないものです。
 練習場ならうまく打てるのになぜコースではだめなのか、練習場のようにコースで再現できればかるく10~20打はスコアが改善されるのに、自分は心が弱いのかとクヨクヨ思うこともありました。根性物語ならここで、毎日練習場で1000球打ち込んで、体に覚えこませて、自信もって、安定したスコアがでるようになりました・・・というストーリーになるのでしょうが、今回はそうではありません。

 ではどういう話なのか・・・これは私がNLP(「神経言語プログラミング」。脳の取扱説明書とも言われる、人間の意識とコミュニケーションを研究した実践的な心理学的体系です。)を学びだしてから、自分なりにNLPに出てくる「心の状態管理」をゴルフに応用した結果なのです。じつは腕ではなく、心のトレーニングをすることによって練習場での実力をコースで出せるようになったという話なのです。ですから練習場でもうまく打てない人はまず練習場でうまくなってから応用してください。

 前置きが長くなりました。アベレージゴルファーなら、練習場のように打てればスコアが大幅改善ということには大いに共感していただけるものと思います。その方法を5つのステップに分けてご紹介していきます。その5つのステップとは・・・

   [Step1] 日常から心の基盤を作る
   [Step2] 好体験を心の栄養にする
   [Step3] 本番を妄想する
   [Step4] 本番で潜在意識を活用する
   [Step5] 結果を自分に役立つように解釈する


 なお、この方法は、万人に効果のある方法とは思っていません。効果はいかほどだったか皆様からのフィードバックがいただけるとうれしいです。
 では次回は[Step1]日常から心の基盤を作るを詳しくご紹介します。
お楽しみに。
*************************************
 来週からシルバーウィークが始まります。皆さんはどこかへお出かけされますか?
 私は、ちょっと前に皆既日食で有名になったトカラ列島(屋久島から奄美大島の間にある列島)に現地4泊のダイビングツアーに行ってきます。こんなに長いダイビングツアーに行くのは2002~2004にインドネシアでばりばり潜っていた頃以来で、今からワクワクしています。水中での写真をバンバン撮ってきて、このブログにもいくつか掲載します。
 台風と新型インフルエンザだけが気がかりです。今回から始めたこの連載、ダイビングツアーの前に出せるかな?
 では、お元気で。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-09-13 23:08
←menu