タグ:その他 ( 15 ) タグの人気記事

 前回記事をアップしてから10日間がたってしまいました。

 実は転勤を伴う異動が決まり、引越し準備と送別会で家でパソコンにさわる時間もとれなかったのです。今回は今までの仕事と全く異なる部門への異動なので感慨もひとしおです。

 思えばこのような転機が今までに3度ありました。最初は千葉のエンジニアリング会社から九州の住設機器会社への転職。2度目はその会社からインドネシアの関連会社への出向、3度目はインドネシアの関連会社から、現在の千葉の製造子会社への出向です。今回は4回目で製造子会社から九州の本社への異動になります。

 千葉のエンジニアリング会社では原子力機器の設計・設置・試運転などを、九州の住設機器会社では生産技術を、インドネシアの関連会社では工場の仕組みつくりや経営全般を、千葉の製造子会社では購買(主として国際調達関係)を担当しました。これらの職場では、それぞれに関連する経験を積み、またいろいろな方々と接し、公私にわたって助けていただきました。自分の肥やしになる経験で大変ありがたかったです。とくにインドネシアでは初めての海外駐在で一挙に自分が国際化するきっかけとなりました。それが次の国際調達の仕事で大変役に立ちました。これらの転機ではそれ以前とは異なる仕事につき、セロリセットで再スタートするという精神的にはかなりすがすがしい気分を味わうことができました。

 さて、今度の異動は本社人事部の若年層社員の人材開発関係部門となり、ずっと昔の転職の時のような、全く異なる仕事にかわります。しかしコーチングを軸としてビジネスパーソンの支援を個人的活動の軸としてきましたので、その意味では自分の中では連続はしています。

 新職場における最初の仕事は4月1日に350人強を相手に、入社式の開催とそれに続く、3週間の研修の実施です。怒涛のような波に飲み込まれそうですが、早く自分のペースをつかみ、自分の位置を早く見出して行きたいと考えています。この新しい仕事で自分がどう振る舞い、どう付加価値を出していくか、不安でもある一方、エキサイティングでワクワクもしています。

 それにしても、3月17日から21日まで公私にわたり送別会5連荘は初めての経験でした。「ウコンの力」3本パックを2パック買い備えたことにより二日酔いはありませんでしたが、日を追う毎に酔わなくなる自分が怖かったです。
[PR]
by atanabe-coach | 2008-03-23 23:30
 本日はお知らせしたいことがあってアップいたします。

 昨年来の目標でありました、タナベ・コンサル&コーチングのホームページをやっと開設できました。マイクロソフトが提供するオフィスライブといサービスを利用したもので、HTMLを使わなくてもウエッブサイトの構築が可能です。その代わりレイアウトなどに制約がありますが、簡単にできることを選択しました。

 ホームページの開設は筆者にとっては未経験のことでしたので、知り合いのコーチの方々のホームページを参考にさせていただきましたが、稚拙さが目に付く出来上がりとなりました。まあ土台ができたので、今後改善・充実を図っていくつもりです。

 今年の目標達成の第一番目でした。

タナベ・コンサル&コーチング

[PR]
by atanabe-coach | 2008-01-05 05:34
f0142717_038096.jpg

 読者の皆様、あけましておめでとうございます。といっても3が日も過ぎてしまい、ちょっともり下がりますかね。皆様はお正月をいかがお過ごしだったでしょうか。私は元旦と2日は私と妻の実家をそれぞれ訪ねて、普段の無沙汰をお詫びし、昨日の3日は半日くらいかけて、この2008年の計を立てておりました。

 半日かかったという理由は、次のようにじっくりと机に向かい、自己基盤(ファウンデーション)の充実度合いを振り返るところから始めたからです。自分の優れているところ、欠けているところを分野別に書き出し、優れているものの中で今年さらに延ばしたい、強化したいもの、あるいは欠けているところの中でぜひ改善したいものを抽出。さらにそれらから今年の目標を、実現期限とともに極力数値に置き換えるか、イエス・ノーで判定できる形で設定し、これを2008年の手帳のあるページに書き付けました。いつも持ち歩く手帳の開きやすいページです。もちろんファウンデーションとは関係なく、今年実現したいくつかの項目も含めています。

 同時に昨年の手帳に書き付けた目標の達成具合をチェックしてみますと、達成率は約半分でした。日々の生活の中で目標だけはよく見るようにしていましたが、それでも半分だったのです。しかし何も目標を置かなかったら、きっとほとんど何も出来ていないと思うので、出来た分だけ喜ぶことにしています。人のためではなく、自分のために自分に約束する目標です。

 日々の生活の中で、自分の限界を感じたり、もっと取り組むべき課題や分野をうすうす感じながら、しっかり自分を振り返る余裕が持てないので、いたずらに不安感や居心地の悪さが蓄積していました。そのような自分を、こうして振り返って棚卸しし、あらたな目標を設定してみると、大変心が落ち着き、安らぎ、またファイトが沸いてきます。

 筆者の休暇も本日をいれてあと3日、そのあとはあっという間に過ぎていく日々が待っています。こうして1年の始めに、自分の進むべき方向を見定めて目標を設定すること、この時間が確保できて初めて、迷いなくこの1年を突き進めることができる気がしています。

 2008年も、皆様に少しでもお役にたてるブログが書ければと考えています。どうそよろしくお願いいたします。
---------------------------------------------
写真は以下のサイトより引用させていただきました。
「2000ピクセル以上のフリー写真素材集」

[PR]
by atanabe-coach | 2008-01-04 01:07
f0142717_16461922.jpg

 6月17日に開設したこのブログも、本日で136回目の投稿となりました。読者の皆様が読んでよかったと思っていただける内容であったかはなはだ不安です。私自身にとっては自分の学びにつながり、また書くこと自体のトレーニングにもなりました。平日はほぼ毎日書き続けたわけですが、ネタに詰まり苦し紛れに書いたりして、出来が悪いなと思えるときもありました。一方思いのほか出来がよくて、これは皆さんにぜひ読んでいただきたいと思う日もありました。毎日書くことは苦しかったのですが、それを続けられたのは毎日見てくださる皆様がおられたからこそです。ありがとうございました。

 このブログ、最近は「上司がんばれ」というテーマで連載しておりますが、実は経営者支援、ビジネスパーソンとしての心構えなど、ビジネス関連の分野を中心にもっともっと幅広く書きたいと思っています。一方で毎日書くことによりかえってアイデアに行き詰るということも経験しました。来年からはもう少しペースを落としながら、より幅広く、より面白い記事をアップしていきたいと考えています。とりあえず「上司がんばれ」を区切りのつくまでは続けて、その後は少し趣向を違えてみたいと思っています。

 2007年を表す漢字は「偽」でした。人を欺くような出来事が頻発した年でした。こんな2007年の悪さを「トォー」とけり倒す意味で、上の写真を載せました。企業もそうですが、個人もしっかりした軸をもち、それを堅持する、自社・自己の理念を持ち続ける、こんなことがいよいよ必要になってくるのだと思います。その上で目標をもってその達成に向かっていくという姿勢が問われます。そのようなことを考えるのに少しでもお役にたてるブログになればと思っています。2008年も皆様にとってよい年であることをお祈りしています。

   では、よいお年を!! 
[PR]
by atanabe-coach | 2007-12-31 17:50
f0142717_1324526.jpg
 本日は土曜日です。土日はブログをお休みしようと思っておりましたが、ふと見た今朝のTV番組で、東京に新しい業態のビジネスが紹介されていました。いてもたってもおられずに書いてしまいました。

 この店の名前は「Sample Lab」といいます。ここでは各メーカーのいろんな無料サンプルをとり揃えており、客はそれを自由にもらえるというのです。入会金は300円、年会費1000円で、1回に5個までの無料サンプルをもらえる、その代わりに商品に関するアンケートに答える義務があります。これにより出品企業は商品や販売方法に関するフィードバック情報を得られることになります。サンプルは常に新しいものに入れ替えているのは当然としても、これらの無料サンプル品の他、新商品の展示や通販品のサンプルも置いており、来客者が試用することができるということです。また、パウダールームも備えており、新しい化粧品でちょっとしたメークもできるのです。

 この会社がどのようにして儲かるかを考えて見ましょう。まず収益源ですが、会員からの
会費ではとても運営費用をまかなえないでしょう。これはひやかしの会員が増えないためと、会員の帰属意識醸成のためのしかけでしょう。よって収益源はサンプル提供企業から得ているものがほとんどと思われます。
<収益>
 ・企業登録するための初期費用
 ・出品1アイテムあたりの基本出品料金
 ・アンケート情報提供件数比例報酬
などが考えられます。
 次に費用ですが、商品仕入費用というものが基本的には発生しません。つまり変動費ゼロに近く、限界利益率≒100%、これはすばらしい。費用はほとんど固定費で、
<費用>
 ・店舗テナント費用
 ・労務費(+労務付帯費)
 ・販売促進費
 ・広告宣伝費
 ・店舗運営光熱費
 ・什器備品の償却費
 ・情報システムの償却費
 くらいでしょう。

 ビジネスモデル自体や、店舗名の知名度が上がり、認知されるにつれて来客数や増え、出品企業数も増えますので、販促費、広告宣伝費は大変重要です。現時点では珍しいビジネスモデルなので、TVや新聞のメディアが無料で取り上げてくれる(これをパブリシティといいます)ので、これにより費用をかけずに認知度を上げることができます。これはたいへん有利です。

 上記の固定費が収益と等しくなる、いわゆる損益分岐点をひとたび越えると、変動費がほぼセロであることから、超えた分の収益はほとんど営業利益になり、どんどん儲かるという現象が発生します。反面損益分岐点を下回ると営業損失も大きく増えますが、分岐点そのものはあまり高くなさそうです。他社が参入する前に会員ネットワークの拡大、参加企業の増加、企業ブランドの確立をいかに充実できるかが今の課題です。また増設店舗の立地は非常に重要です。
 逆に、2番手戦略としては、この企業がビジネスモデルの認知度を十分に上げたころあいを見計らって参入することがポイントです。早すぎても遅すぎてもいけません。まだまだめずらいしいビジネスであるだけに、それこそ他人のふんどして相撲が取れます。ビジネスモデル特許への抵触にはよく注意して、それをかわしながら、ちょっとした差別化を行うといいと思います。

 さて、この企業の今後の姿としては、組織化した会員ネットワークを使って、
 ・サンプル品を気に入った客に対して、その商品のインターネット販売
 ・新商品開発におけるマーケティングコンサルテーションサービスの提供
 ・商品口コミ情報提供サイトを運営し、企業広告・商品広告スペースの提供
という方向が考えられます。
 また、競合しない海外市場において外国企業へビジネスモデル特許の使用許諾を行い、ロイヤルティ収入を得る道もあります。
 
 それにしても、よくこのようなビジネスモデルを考え付いたものです。久々に脱帽いたしました。今後の成長を見守りたいと思います。
[PR]
by atanabe-coach | 2007-06-23 13:17
←menu