タグ:価値観 ( 8 ) タグの人気記事

こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。先週は車の中で冷房をいれるくらいだったのにまた寒くなりました。体調管理もビジネスパーソンのコンピテンシーとしてもいいかもしれません。ではヤル気のヒキダシ第3回の始まりです。
------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第3回:成果の方程式とは
 成果の方程式って聞かれたことはありますか? 仕事の成果は何で決まるのかということを数式風に記述したもの、つまり成果は、どのような変数を持つ関数なのかを表現したものです。

 まず成果を評価する面からは

    成果=f(量、質、時間)
 
 <fというのは、それに続くカッコ内の変数による関数であることを示します。下にでてくるgも同様の意味です。>

と考えられます。つまり成果は、量だけから評価されるのではなく、その質からも評価される。また納期に間に合ったかという時間からも評価されるということです。いくら良い仕事をしても、納期に間に合わなければ意味がありませんからね。

 次に良い成果を実現する要素の面からは

    成果=g(能力、ヤル気、価値観)

と表記できます。成果を出すためには、当然その人に必要な能力が備わっていなければなりませんが、それだけではダメなのです。能力があってもそれが実際に発揮されることが必要です。それを決めるのがヤル気です。能力があってもヤル気のない人に良い成果は期待できません。その場合は高い能力は、宝の持ち腐れになってしまいます。逆にヤル気があれば、知恵や工夫が働き、他の協力者の力を借りるなどして自分の能力以上のリソースをつぎ込むことも可能です。

 ここまでの能力とヤル気が成果を決める要素であるとする説は、見かけることもあるのですが、筆者は最後に価値観という要素を入れました。その人がどのようなものに価値を見出すか、どのようなことがやりたいか・・・この思いが、仕事を楽しくさせると考えられるからです。また倫理に反する仕事も価値観に合わなければ気が進まなかったり、拒否したりして成果は出ない(というより出さない)でしょう。

 
 さて、価値観は日頃の自分の考え方により確立され、能力は日頃の努力によって培われますが、ヤル気はとてもムラっ気があります。反面、高める方法もあるでしょう。仕事の成果からはヤル気の醸成ということも重視すべきことだと考えます。この連載ではヤル気を意図的に高めていく方法を考えていきたいと思っています。

------------------------------------------------------------
以前からNLP(神経言語プログラミングという心理学の一分野)を学ぼうと考え、隔週で5回の土日を使う大阪開催のコースに応募していましたが、いよいよ明日から始まります。NLP自体だけでなく、一緒に学ぶ人たちとの出会いが楽しみです。
[PR]
by atanabe-coach | 2009-02-20 23:50

f0142717_19412376.jpg
 前回に引き続いて、最近、研修の仕事の中で出会った言葉について書いて見てみます。


 筆者の最近のテーマの一つに、企業で働く皆さんが、いかにやりがいをもってイキイキと仕事をすることができるかということがあります。そのための条件として、たとえば、
 ①担当している仕事の目的や目標を理解していること。
 ②その仕事をすることによって自分が何を得ることができるのかが理解できていること。
 ③自分のやりたいこと、実現したいことが、仕事の方向や目標に重なっていること。
 ④目標を細分化して、細分目標の達成を積み重ねる実感を得ることができること。
 ⑤進捗や達成状況を承認してくれる周囲の目があること。
などがあるでしょう。

 さて、人が物事を行う時に発揮する力は、次のようになっているそうです。
 1.「いやいや」やった時の力=1
 2.「やらねばならぬ」と納得してやった時の力=1.6
 3.「やりたい」と思ってやったときに発揮される力=1.6の2乗

 ①~⑤の条件が整うということは、「やりたい」と思って仕事をやっている状況でしょうから、仕事の質やスピードも上がります。苦しいことも耐えることができるでしょう。そしてその結果として仕事を楽しむことができているといえるでしょう。

 このような状況をうまく表現する言葉はないものかと考えている中、外部招聘講師による研修で、「まさしくこれだ!」と思う2つの言葉がありました。その2つの言葉とは・・・


■公私融合
これは、「公私混同」の対極にある言葉です。「公私混同」とは、「はてなダイアリー」によると「私的な利益を図る為に公式な権限を濫用する事。パブリックなことに私的な思惑や利害を持ち込んで、けじめがないこと。」とされていまいます。公的なことには私的なことを持ち込んではいけないということが、日本人の規範となっており、私たちはずっとそのような規範の中で育てられてきました。規範にそむくことを戒める言葉です。
一方「公私融合」とは、パブリックなことや仕事の中に私を積極的に持ち込んで一緒くたにしてやっていこうというものです。つまり、自分自身の目的・目標やゴールを、仕事の目的・目標に重ね合わせて、仕事をやりながら同時に自分の目標達成もやってしまう、まさに上記の①~③の実現した状況といえます。

■活私貢献
こちらは、「滅私奉公」の対極です。同様に「はてなダイアリー」によると「滅私奉公」とは「私心を捨てて公のために尽くすこと。(大辞林)」とあります。これはさすがに今では口にする人はいないと思われる古い価値観ですが、言葉としてはまだ時々耳にすることはあります。
一方「活私貢献」とは、自分の志を活かしながら、パブリックなことや仕事に貢献する、自分と仕事を両立させ、相乗効果をも出してしまういう意味でしょう。


 これらは辞書にも載っていない造語なので、意味合いは筆者の個人的理解ですが、一目見てこのように理解した次第です。「公私混同」という「私」を出しすぎたマイナスイメージの言葉との反対語として考案された「公私融合」。「滅私奉公」という「私」を殺した(一昔前の表現ではありますが)道徳的な言葉の発展した形としての「活私貢献」。出発したところが異なるのに、考案された造語がともに似通った意味合いになっているのが興味深いところです。

公私融合」と「活私貢献」いい響きです。積極的に使って行こうと思います。


---------------------------------------------------------
写真は以下のサイトより引用させていただきました。
「2000ピクセル以上のフリー写真素材集」


腰痛の養生のためにオリンピック鑑賞三昧で過ごしたお盆休みも今日で終わりです。(腰痛自体はうわさの整骨院の治療で痛みは早くから取れておりましたが、用心のため普段に比べてはじっとしておりました。)
[PR]
by atanabe-coach | 2008-08-17 19:48

f0142717_1451284.jpg

 最近、私の新職場で人材育成の研修の仕事に携わっている中で、いくつかのすばらしい言葉がありました。今回と次回はこれらについて書いてみます。

 まずは、よく目にする言葉ではありますが、「自律」です。普通は「自立」と書くことが多いと思いますが、我々の研修では「自律人材」になることを求めています。見ていると講師側も受講者側もその意味が分かっていることが前提で研修が進んでいますが、「自立」と「自律」の違いはなにかはっきりさせておく必要があると思い、あらためて調べてみました。


自立
他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。
自律
他からの支配・制約などを受けずに、自分自身で立てた規範に従って行動すること。

<以上、大辞泉より>

「自立」に加えて、自分自身で「規範」を持っているということがポイントでしょうか。でももう少し研修の意図に沿った説明はないかなと、さらに調べてみますと・・・ありました。

自立人材
自分の意見を持ち、自己の意見を主張できる人材であるが、それは個人の単なる自己主張・満足で終わってしまう状態と考える。
自律人材
他者のニーズを把握し、それとの調整をはかりながら、自分自身の行動のコントロールを行い、自らを律しながら、自己実現を図ることのできる人材

<以上、『一橋ビジネスレビュー 2003年夏号.SUM.(51巻1号)~キャリア自律の新展開』より>

これですね。「他者のニーズとの調整」、「自分自身の行動のコントロール」、「自己実現」、このようなキーワードが欲しかった。

筆者の関係する新入社員研修の中では、「自主性」とか「行動」なども主催者側からは求めているように思えます。主催者側としてここは明確に押さえておく必要がありそうです。

 いままで、研修の中では「自律人間になれ」といっていましたが、よく考えてみるとそれがどんなことなのかは、各人の頭の中にしかありませんでした。それぞれで違ったイメージをもっていたかもしれません。「自律人材」とはどういう人材なのか、これを受講者に議論してもらい、それを言語化してもらうと、ぐっと肚に落ち、意欲や行動につながりやすくなるでしょう。今後の改善点だと思いました。


-------------------------------------------------------------------

<写真の説明>フジイロウミウシのペア。7月20日に行った山口県青海島でのダイビングでの写真です。様々な色・模様の種類がいるウミウシは海の宝石です。
8月10日にもダイビングに行く予定にしていましたが、腰痛となって断念しました。現在静養中です。

[PR]
by atanabe-coach | 2008-08-14 15:08
f0142717_22561278.jpg

----------------------------------------------------------------------
 本日は、ある企業さんで開催された、30代社員向けのキャリア研修をオブザーバとして参加させていただいてきました。

 講師は、ヴァリュー・クリエーション社長の小寺博仁氏。NLPを使ったモチベーションアップとか目標達成などに関するセミナーでは、口コミで大手企業さんに支持がひろがっている先生です。(NLPは神経言語プログラミングと訳される心理学の分野の名称です。詳しくは同社のホームページを参照ください。)

 この研修、実は本日と明日の2日間で行うものですが、今日は第1日目で、人の脳の特徴をはじめとするNLPの理論の紹介のあと、キャリアビジョンの必要性や自分がやりたい"WANT"に気づくなどの話があり、その中で、自分が大切にしたい価値(VAUE)の追求などの演習もありました。

 このあたりの話は、筆者もコーチングの方から一応は学習済みの分野ではありますが、先生のじっくりと噛んで含めるような語り口、いろんな事例を交えての補足説明で、あらためて勉強になりました。おそらく初めてこのような話を聞く一般の参加者たちは、食い入るように聞き入っておりました。

 また特に、多くの価値(単語)のリストから自分が大切にしたいものを選択し、それをグルーピングして、自分の仕事観や人生観を作るワークは筆者も始めて体験するものでした。自分の価値はコーチングの学習の時に何回か抽出した経験があり、それと同じようなものと思っておりましたが、抽出した価値(単語)を集めて意味づけをしていく作業はとても新鮮で、あらたな気づきを得ることができました。
 
 ここ10年~15年程度の間に、人の心に関するコーチングやNLPなどのプログラムが日本に紹介され、それをもとにして研修やコンサル関係のビジネスが誕生し、一般の人たちがその恩恵を受ける機会が増えてきました。キャリアビジョンなどという考え方が紹介されたのもの古いことではありません。その以前にも自己啓発系のプログラムはいくつかあったようですが、敷居がたかかったり、ちょっと宗教かかったりしてたようです。

 現在、自分の生き方について考えるための機会や手段は昔よりもずっと効果的で、親しみやすいものがあふれているように思えます。ただそれでも、人間は自分が意識して焦点を当てないものは見えません。若いうちから、努めて自分を磨くという意識の持ちようが、得られる情報の格差を産み、機会を見過ごすか活かすかを決めていく。そしてそれがその人の発展や向上の差となって現れて、自己実現の可能性の差となってくる。またこのようにして得られる自己実現は、おそらく自分本位なものではなく、周囲や社会にも好影響を与えるものとなる。
・・・そのような思いを強くもったセミナーでした。

 最後に先生と夕食をご一緒でき、さらに貴重なお話も聞くことができました。筆者自身の今後に関するヒントもいただきました。大変ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

----------------------------------------------------------------------

写真:オオカズナギのバトル
先日(7/20)、九州に戻って初めてのダイビングに行きました。北九州市の「かりゆし」さんというダイビングショップにつれていってもらったのです。山口県の青海島という島のビーチからエントリーして2本潜ってまいりました。水中ではお魚さんたちが産卵や求愛のシーズンらしく、あちこちで珍しいシーンを見ることができました。写真は、オオカズナギという体長15cm程度の魚が2匹、口を180°近くあけてバトルをしているところです。この地域ではよくみられる光景らしいですが、初めてなので飽きずに見ておりました。

[PR]
by atanabe-coach | 2008-07-28 00:07
f0142717_0242770.jpg
 企業コンサルティングでは、経営上や販売・製造現場での問題や課題が当然でてきます。現在の悪さを調べ、その原因を追究し、改善していくというプロセスが「問題解決」、将来のありたい姿を考え、それを現状とのギャップを明らかにし、ありたい姿に近づくプロセスが「課題解決」といったりもします。どちらも現在の姿を把握しなければなりませんが、現在の姿とは自社の業績や事業環境なども当然入ります。そのようなときに、業績が悪いのは景気が悪いからだ、お客様の志向が変わってきたからだ、ことしは暖冬だからだなど、事業環境の悪さに原因をもとめたりする経営者がいたり、親企業が発注品目と納期を突然変更してそれに対応できなかったからだ、社内他部門からの情報が伝わっていなかったなど、顧客や社内の他部門に原因を求める風土の企業があったりすることがあります。

 このようなときコンサルタントは自責で考えましょうと言います。これは外部に原因を求めても、なにも対策できない、それよりも自分たちの不足するところを捉え、それに対して何ができるかを考えることが重要だからです。

 トヨタ(2006年度はグループで23兆円を売上げ、1兆6000億円の純利益をあげたそうです、なんと桁外れでしょうか・・・あっ、本日テーマには無関係でした)では問題点の原因を追究するのに「なぜ」を5回問うというのは有名な話です。「それはなぜか」、「更にそれはなぜか」、・・・と聞いていきますので、3回も問えば行き詰まってしまい、その後を答えるのが難しくなってきます。以前私はこの方法を試してみようと思ったものの、5回も答えることができずに、最後は言葉遊びになってしまったという体験があります。この体験から、「なぜ5回」の意味は、次の2つの意味で理解し、5回という回数そのものにはこだわらなくてよいように思うようにしました。
①追求が浅いと表面的な対策にとどまってしまうし、他に同根の他の問題まで広がらないので、もっと奥深い理由まで考えよ。
②他責にせずに、自責で捉えて考えよ。すなわち外部ではなくて、自社・自部門の施策や行動に問題はなかったのかと問え。
 
 コンサルティングの世界では、自責で考えようというのは、結構決まり文句になっていると思います。それが視点を変え、あらたな方向を示すヒントを与えてくれることにもつながるからです。相手が悪い、環境が悪いと嘆いても何も変わらないのですから、自分を変えるしかないのです。 とはいうものの人間は、今やっていることを振返って自責で考えようとはなかなかしないものです。自責で考えることのできる社風を作ることが、その企業が成功する要素の一つであると思います。
[PR]
by atanabe-coach | 2007-06-25 00:24
f0142717_0174967.jpg

 目標を貼り出して、いつも見えるようにしておくことが目標達成の秘訣ですが、なぜそのようになるのでしょうか。目標を見て、それを意識することによって、脳の中で次のように考えるためだと思います。
・この目標を達成するために今やることは何だろう。そうだこれができるじゃないか。
・今週はこんな用事があったけど、これってこの目標に関係があるなあ。じゃあその機会を利用してこうしておこう。
・この新聞に載っている記事は、自分の目標に関係あるぞ、よく読んでみよう。
というように、日常で遭遇する出来事を目標に結び付けて考えたり、逆に結びつける事柄を作り出したりするのだと思われます。
 さらに目標をいつも見る事で、それが潜在意識に刻み込まれ、上に記載したようなことが無意識的に行われ、ひらめきが起こるのだと思われます。
 それにしても目標を意識することがなければ始まらないので、いつも見えるところに掲げておくことが必要なのです。
[PR]
by atanabe-coach | 2007-06-19 23:59
f0142717_2242285.jpg 目標は書き出して貼り出すことが成就の秘訣です。よく「願えば実現する」と言われます。確かにそうだと思いますが、願ったらそれを忘れないようにする必要があります。忘れてしまっては元も子もありません。
 人間は忘却する動物でもあります。私なんか、ある日思い立ったことも次の日になると忘れてしまっているのですから、我ながら情けなく思います。目標を考え付いた時、それなりのロジックで論理が組み上がっていますので、それを書き留めておかないと、時間をおいてまた同じ程度に論理を組み上げるには時間がかかるかもしれないし、前回にあったひらめきが再現するかが不確実です。その理由からも書き留めておかないともったいないと思います。一旦書いた上で、さらに考えが熟して進展があれば、またその時書き直せばいい。
 ここで一つ秘訣があります。目標を願ったら、実現した姿・状況を想像しましょう。そしてその思いを頭に描きながら目標を紙に書き出すのです。さらにそれを壁に貼ったり、手帳にはさんだり、つまりいつも自分が目にするところにおきましょう。
 こうしていつも目標を思い出し、実現した姿を思い描くことで、実現へ向けてのパワーもで出てくるし、ちょっとしたことも実現に結びつける行動に変えることができたりします。
 目標達成を期するなら、ぜひ思いをこめて目標を書き出して貼り出しましょう。達成した姿を思いながら書き留めるのはきっと楽しい時間となるはずです。
[PR]
by atanabe-coach | 2007-06-18 22:04
f0142717_22355546.jpg 目標をもつことの重要性を否定する人はいないと思います。目標を持ち、その実現に向けて進み、目標を成就することがその人の人生を豊かで満足のいくものにしてくれます。
 あるとき、目標なんていらないという人と話をする機会がありました。その人は仕事はそこそこ成果を出しています。仕事が終われば自分の時間は自由にしておきたい努力なんかしたくない、だから目標なんていらないのだ、というのです。しかし、ではあなたはやりたい事とかほしい物はありませんか、仕事で成果を出しているのであれば仕事上のゴールがあるのではないですかと聞くと、それはあるというのです。しかし気づかなければ目標とはなりません。
 目標にもいくつかの種類があります。一つは、自分の能力や成果の向上を目指して、自分がコツコツと努力するような、自己研鑽や上昇志向のもの。通常の自己啓発の本なんかに記載されている種類はこれです。
 他の一つは、今年は海外旅行に行こう、有名レストランで食事しよう、ブランドウォッチを買おう、しばらく帰っていない実家に帰省しよう、などといったやりくりの努力が必要なものです。
 さらに、今年は恋人をゲットとか結婚しようとか、あの人との関係を修復しようとか人間関係に関するものもあるでしょう。
 こう考えるとどのような人も目標をもっていると思います。いずれも目標を達成・成就することでその人が幸せになるということでは同じです。目標は考えた時から、気がついたときから目標です。そしてそれを願って生きていくことがその人のエネルギーを高めます。だから時々自分はなにをしたいのか、なにに向かっているのか、ということをあまり肩肘張らずに考えてみることが重要なのです。
[PR]
by atanabe-coach | 2007-06-17 22:39
←menu