タグ:動機付け ( 3 ) タグの人気記事

こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。温かい陽気が続いています。ほんとうによい季節になりました。筆者は11,12日と大阪に行ってまいりましたが、街には就活のスーツ姿の若者が目立ちました。汗を拭きながら一休みする彼らがたいへん微笑ましく感じます。2010年の就職戦線は厳しいといわれていますが、彼らにどうかよいご縁がありますように。
------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第9回:達成感という報酬

 前回は、ヤル気を出すために「ご褒美を楽しみにする」という方法をご紹介しました。しかしご褒美は物質的なものとは限りません。達成感を味合うことや周りの人から承認をもらうなど自己尊厳欲求を満たしてあげることも報酬足りえるのです。

 F.ハーズバーグというアメリカの臨床心理学者は、仕事における満足度は、達成すること」「承認されること」「仕事そのもの」「責任」「昇進」などによって上がるとし、これらを動機付け要因と呼びました。そして「給与」は少ないと不満足感を与えるが、多いからといって満足度を上げることにつながらない衛生要因の一つとしています。つまり物質的なご褒美よりも精神的なご褒美をもらった方が、満足度はあがるということになります。

 さて、以上はものごとを成し遂げたあとのことですが、これから物事に取り掛かろうというときにはどうでしょうか。やはり達成感や承認はヤル気をあげることになるのでしょうか。

 答えはYesなのですが、それはどうしてなのでしょう。

 それは、物事をやり遂げた状況を想像することから始まります。それをやり遂げると、どんないいことがあるのか、何がどう変わるのか、自分に何をもたらすのか、そのようなことを想像して、それが脳内に快感を引き起こし、ヤル気のホルモンであるドーパミンが放出され、ヤル気がでてくるというプロセスが起こるのです。ここで重要なことは、普通このプロセスが無意識のうちに行われるのですが、このプロセスを積極的に起こすことにより、ヤル気をより強化することができるということです。つまりセルフコーチングで次のような質問を自分に問いかけます。

・欲しい結果は具体的に何ですか?
・それを成し遂げると、どんないいことが起こりますか?
・それを具体的に表現するとどんなことですか?
・そのとき自分はどう感じていますか?(どんな風景が見えますか?、何が聞こえますか?、体にはどんな感覚を感じていますか?)
・その結果を手に入れることは、どんな意味がありますか?
・では始めに何からやりますか?


あるいは人から質問してもらうのもいいでしょう。気持ちのよい感覚が体中に広がり、おどろくほどヤル気がアップすることが体感できると思います。ワクワクして体が震える自分がいることでしょう。

 精神的なご褒美を積極的にぶら下げてみましょう。そのパワーは驚くほど強力です。

------------------------------------------------------------
○○会社になにがなんでも就職したいという、憧れに近い気持ちがあったとしても、悲壮感があると就活は苦しくなります。やはり合格した後の快感を想像してご褒美にすると、就活も楽しいのではないでしょうか。




 
[PR]
by atanabe-coach | 2009-04-12 00:58

f0142717_23173652.jpg
こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。
 昨日はバレンタインデー、昨日今日と一昨日までの春一番がウソのように穏やかな日になり、春の近づきを感じます。今年はちょっと冬が短い気がしますが、四季はしっかりあったほうがいい・・・とインドネシア滞在中に考えていたことを思い出しました。

 では「ヤル気の引き出し」第2回の始まりです。

------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第2回:ヤル気の効用

 ヤル気の効用ってなんでしょう。今日はこれを考えて見ましょう。暗黙的にはヤル気っていいに決まっていると思いますが、どんないいことがあるか、それを言語化してみます。


 まずはやはり仕事の面で。ヤル気があるとないとで仕事のはかどりが違うのは疑いのないことだと思います。お聞きになった方もおられると思いますが、次のような説があります。

 ・やらされて行う仕事の能率を1とすると
 ・指示されて、納得してやる仕事の能率は1.6
 ・自らやりたいと願ってやる仕事の能率は1.6の二乗(つまり2.56)


 能率というと仕事の量の面を思い浮かべますが、質の面もありますよ。つまり量・質の両面で生産性が向上するのです。

 なぜこのようになるかというと、受身でなく自発的に行動する場合は、自分の意思を入れて考えることによって、段取りや仕事自体の進め方がかわり、

 ・目的を意識するようになり、よりよい工夫をこらすようになる
 ・なにも生み出さない無駄な時間がなくなる
 ・順序や方法自体が改善される
 ・動作自体が早くなる、ムダな動作がなくなる
 ・少々続けても、スピードや正確さが落ちない


というような状況が生み出されるからと説明できます。

 そして、このような仕事を成し遂げた人自身が、より強い達成感や満足感を得ることできることにつながります。

 ここで関連する記事をご紹介します。レンガ積みの寓話です。ただしヤル気という言葉はでてきません。目的や意義に納得し、主体的に働いているという状況が描写されており、このようなときにはヤル気がでているのだと思われます。下の記事をご参照ください。
上司がんばれ 部下と向きあうコミュニケーションのヒント 第6回:レンガ工と木こりの話


 他の面も考えて見ましょう。まず生活の面です。ヤル気のある生活から思い浮かぶもの・・・・「張り」「楽しさ」「満足」などという言葉が思い浮かびます。仕事にかぎらずプライベートでもヤル気をもって、物事に興味を示し、行動し、また休むときにも積極的に休むことで、メリハリの利いた暮らしが実現します。このような生活を続けていると、過去を振り返った時も高い満足感を得ることがでると思います。


 次に健康の面。ここまで記載してきたような状況ですと、健康状態はまさしくよくなるでしょうね。ヤル気は人のホルモン、脳内伝達物質と関係しています。それらがよく働くとヤル気がでるし、ヤル気がでるとまたフィードバックがかかってプラスの循環が働きます。体の状態もよくなることと思われます。


 また、人がヤル気に満ちていると、その人の周囲の人にも、言動や行動の影響が伝わります。周囲の人にヤル気を伝播させ、明るい前向きなムードを作り出します。ただ、意識的にヤル気を伝えようとすると「ウザイヤツ」と思われる危険もありますので、あくまで自然な振る舞いと、その人が醸し出すもので伝わるということですね。

 
 さて、ここでヤル気のある人とは、どんな人でしょう。普通は、イケイケタイプの元気のいい人が思い浮びます。しかし、いくらヤル気に効用があるからといって、エネルギッシュなイケイケタイプの人が回りにあふれていると、世の中騒がしくてイヤですね。

 物静かに見える人だって、もちろんヤル気を出します。人はそれぞれいろんなタイプがあり、それにこそ価値があります。世の中の多くの人がヤル気をだす。しかしそれは、多様タイプの人たちが、その人なりのヤル気を出している、こういう状態がいいのだと思います。


 おまけ:メリハリの利いた生活のためには、「ヤル気をもってなにもしない(なんか表現がへんですね)」ということも大切でしょうね。(これは筆者の課題ですが)


 次回は、「仕事の成果の方程式」についてご紹介します。
------------------------------------------------------------
冒頭の写真:昨日から家族で福岡市近郊の二日市温泉と大宰府天満宮に行ってまいりました。天満宮では梅の花が満開、その下で緋毛氈に座って熱燗を、と思いつつ車なので梅ケ枝餅にいたしました。四季の移り変わりがうれしい日本です。
[PR]
by atanabe-coach | 2009-02-15 16:07
こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。今年から筆者のタイトルを”やる気引出しプロデューサー”としています。それにちなんで「やる気」についての記事を連載することにいたしました。読んでいただいた皆様がトクをする記事を目指していきます。では第1回の始まりです。
------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第1回:ヤル気ってなんだろう

 一事に「ヤル気」といいますが、それっていったい何なのでしょう。あらためて定義するとなるとなかなか難しいように思えます。私の周囲の人に聞いてみました。「あなたにとってヤル気ってなんですか。」

 ある人は「ヤル気があると、なんでもできそうな気がします。物事がうまく行きそうなんです。」といいます。この人はヤル気とチャレンジを結びつけて考えているようです。

 またある人は「ヤル気があるときは、仕事も楽しくできますね。朝から、こうなんだか力がみなぎって、よーしやるぞっていう気になります。仕事がバリバリ進むんです。」 この人にとっては、ヤル気は心のエネルギーを意味するようです。

 またある人は「ヤル気がでないときは、溜まった仕事(用件)がなかなか片付かないんです。やろうと思ってもなにか億劫で手が付きません。」 この人にとっては、なにかに着手するきっかけのような意味なのかも知れません。

 以上の3人の方のヤル気についての説明を参考として、ヤル気を定義してみました。

①ヤル気とは、人をチャレンジに向かわせる自信を付けさせるもの
②ヤル気とは、心のエネルギーを高めて、取り組むことに楽しさを与えるもの
③ヤル気とは、やらねばならないことを、やりたいことにさせるもの

 しかし3つもあると困ります。これらを包含する必要がありますね。そこでこの連載では、とりあえず次のように定義しておきます。
「ヤル気とは、人が自ら欲してものごとに取り組む心のあり方」
もちろん「自ら欲して」というところがキーワードなのですが、こう書いてみると、少しさらっとし過ぎているように感じています。これから連載を続けていくうちに、もっと良い表現が見つかればいいと思います。

 皆さんは、どんな時にヤル気がでている(あるいはヤル気がでない)と感じますか。またその状況から皆さんのヤル気を定義するとどのような表現になりますか。


 次回は、ヤル気の効用について考えてみましょう。
------------------------------------------------------------
今回からまた連載ものを始めました。おおまかな記事の構成は考えていますが、詳細な中身は進めながら考えていきます。皆様のご支援をお願いします。
なお、前回は「上司がんばれ」という連載で40回続けました。ご興味ある方は「タグ」の欄から「上司がんばれ」をクリックしてみてください。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-02-08 19:03
←menu