タグ:自己実現 ( 8 ) タグの人気記事


f0142717_003168.jpg
 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。今日は衆議院選挙の投票日でした。昼間投票所の小学校に行くと車の列で駐車できず。今までの選挙ならこんなことはありませんでしたので、皆さんの選挙への関心がよほど高かったのだと思います。今TVでは開票速報で民主党圧勝が報道されています。はたしてしっかりやってくれるのか、私たち国民はしっかり見ていきましょう。
******************************
 今回は、最近田辺に起こったうれしいことを書いてみたいと思います。 

 田辺は少し前から北九州市がやっている、「生涯現役 夢追塾」に参加しています。これは50歳以上の人が対象で、セカンドライフの夢を描き実現していく塾なのです。40名が参加しており、下は51歳、上は75歳という高年者の集団で、半分以上の方はすでに現役を引退しています。何かをやりたいけど何をやろうかまだ見つからないという方々も多くいます。

 そん中で先日、皆の前で自分の夢を5分間語るというものがありました。最初に予選があり、田辺は2次に選抜されました。2次までは1週間の時間がありましたので、せっかくだったらもっと練ろうと思いました。

 まずはエバリュエーションプランを立てました。(エバリュエーションプランがどんなものかは、こちらをご覧ください) それは

 □(プレゼンが終わった後に)聞いてくれた皆さんが自分の夢の応援団になっていただく

というものです。それには田辺の夢(「モチベーションアップコンサルティング」を本格的にやる)に十分共感していただかなければなりません。したがって

 序破急(おや・まあ・へー)の構成にする。
 自分の体験を入れる。
 話す内容に加え、話し方にも配慮する。


などの工夫を入れました。まあまあうまく企画できそうだったのですが、いまひとつ物足りない。・・・そうだ夢の内容の説明図を書いた紙がほしいと思いましたので、それを準備するならいっそのことチラシ形式にしてしまえ、と思いつき、たぶん乗っていたのでしょう、あれよという間に自分を売り込む将来チラシを作ってしまいました。

 田辺は2年前から、自分の将来の名刺を持ち歩き必要な場面では、それで自己紹介をしてきました。これは2年前についたコーチの方から、「将来はパーソナル名刺を作りたい」と田辺が言ったことに対して、「なぜそこまで待つ必要があるのですか。今作ってはいけない理由は?」と問われて、「いや、今作ってもいいんだ」という気づきを得て作ったものです。この将来名刺は夢の実現に向かう行動を加速してくれました。以来周囲の皆さんに折に触れてお勧めしてきました。

 さて、今回はじめて作った将来チラシも、夢に向かうモチベーションをぐっと上げる効果が大きいように感じます。先週まで続けた「ヤル気のヒキダシ」でも目標達成イメージを描くことや、なりきること・妄想を描くことが、目標達成のために重要であることはお伝えしています。将来名刺に加えて将来チラシというツールも目標を達成したい皆様に強くお勧めしていきたいと思います。

 おかげさまでプレゼンはこのチラシのおかげもあって、まあまあ満足のいくできだったと思います。しかしプレゼンの良否よりも、けっしてできはよくなくともこのチラシを作ったことで、夢の実現がより高まったことがうれしく感じられました。

将来名刺と将来チラシなど、自分の夢を妄想するツールが、実現への行動を加速します。

*****************************
 <冒頭の図>将来チラシの一部:MSオフィスのクリップアートの図を借用して作りました。

 今回のプレゼンでは他の方の夢もお聞きしました。その中で75歳になるKさんという女性の話には感動しました。70歳を過ぎて昼間は高校に通い、今年は卒業の年だそうで、福祉大学に進まれる夢をお持ちです。私は生きていることがうれしい、歳をとったことが自慢ですと語るみずみずしさと、ご自分が人のためになることなら何でもやっていくというやさしさをお持ちの方です。がんばっていただきたいと思うとともに、自分もそのように美しく歳をとりたいものだと思いました。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-08-30 23:40
f0142717_22561278.jpg

----------------------------------------------------------------------
 本日は、ある企業さんで開催された、30代社員向けのキャリア研修をオブザーバとして参加させていただいてきました。

 講師は、ヴァリュー・クリエーション社長の小寺博仁氏。NLPを使ったモチベーションアップとか目標達成などに関するセミナーでは、口コミで大手企業さんに支持がひろがっている先生です。(NLPは神経言語プログラミングと訳される心理学の分野の名称です。詳しくは同社のホームページを参照ください。)

 この研修、実は本日と明日の2日間で行うものですが、今日は第1日目で、人の脳の特徴をはじめとするNLPの理論の紹介のあと、キャリアビジョンの必要性や自分がやりたい"WANT"に気づくなどの話があり、その中で、自分が大切にしたい価値(VAUE)の追求などの演習もありました。

 このあたりの話は、筆者もコーチングの方から一応は学習済みの分野ではありますが、先生のじっくりと噛んで含めるような語り口、いろんな事例を交えての補足説明で、あらためて勉強になりました。おそらく初めてこのような話を聞く一般の参加者たちは、食い入るように聞き入っておりました。

 また特に、多くの価値(単語)のリストから自分が大切にしたいものを選択し、それをグルーピングして、自分の仕事観や人生観を作るワークは筆者も始めて体験するものでした。自分の価値はコーチングの学習の時に何回か抽出した経験があり、それと同じようなものと思っておりましたが、抽出した価値(単語)を集めて意味づけをしていく作業はとても新鮮で、あらたな気づきを得ることができました。
 
 ここ10年~15年程度の間に、人の心に関するコーチングやNLPなどのプログラムが日本に紹介され、それをもとにして研修やコンサル関係のビジネスが誕生し、一般の人たちがその恩恵を受ける機会が増えてきました。キャリアビジョンなどという考え方が紹介されたのもの古いことではありません。その以前にも自己啓発系のプログラムはいくつかあったようですが、敷居がたかかったり、ちょっと宗教かかったりしてたようです。

 現在、自分の生き方について考えるための機会や手段は昔よりもずっと効果的で、親しみやすいものがあふれているように思えます。ただそれでも、人間は自分が意識して焦点を当てないものは見えません。若いうちから、努めて自分を磨くという意識の持ちようが、得られる情報の格差を産み、機会を見過ごすか活かすかを決めていく。そしてそれがその人の発展や向上の差となって現れて、自己実現の可能性の差となってくる。またこのようにして得られる自己実現は、おそらく自分本位なものではなく、周囲や社会にも好影響を与えるものとなる。
・・・そのような思いを強くもったセミナーでした。

 最後に先生と夕食をご一緒でき、さらに貴重なお話も聞くことができました。筆者自身の今後に関するヒントもいただきました。大変ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

----------------------------------------------------------------------

写真:オオカズナギのバトル
先日(7/20)、九州に戻って初めてのダイビングに行きました。北九州市の「かりゆし」さんというダイビングショップにつれていってもらったのです。山口県の青海島という島のビーチからエントリーして2本潜ってまいりました。水中ではお魚さんたちが産卵や求愛のシーズンらしく、あちこちで珍しいシーンを見ることができました。写真は、オオカズナギという体長15cm程度の魚が2匹、口を180°近くあけてバトルをしているところです。この地域ではよくみられる光景らしいですが、初めてなので飽きずに見ておりました。

[PR]
by atanabe-coach | 2008-07-28 00:07
f0142717_1163813.jpg 今週は、目標を持ち、それを達成するということについて見てきました。私がお勧めするプロセスをおさらいしますと・・・・
■まず目標を明確に持つ。
■達成した自分を想像して、達成意欲を上げる。
■ブレークダウンを行う。
■実行計画を1枚の紙にまとめる。
■実行する。
■マイルストンにそってチェックしていく。
でした。シンプルで簡単そうですが・・・。

 実は次のような悩みを持つ人々も多数おられるのです。
■自分のやりたい方向がなんとなくあるものの目標が明確でない。
■目標があっても達成イメージを描くことができない、またはそもそも達成イメージを描くプロセスが頭にない。
■ブレークダウンができない、またはその発想がない。
■実行計画に仕上げられない。
■実行計画を実行できない、または続かない。

 さらにこれらの原因を深堀すると次のようになります。
■目標ををどう設定していいかわからない。
■意欲があっても、方法を知らない、スキルがない。
■こつこつ続けることが苦手。

 このような悩みをお持ちの方には、コーチングがぴったりはまります。コーチの質問に対して考え、答えていくことで、目標が定まったり、達成へのプロセスがはっきりしたり、自分の決意がかたまったりするからです。この場合、自分で気づきコミットしていることにより、モチベーションは高い状態となっていますので、達成の確率はぐんと上がることになります。
 なお、目標を達成するということをあまり意識していない方たちにはとっては、そもそもそのニーズが存在しないわけですから、コーチングも不要となります。しかし、6/17版「目標を持つということ」に記載したように、どんな人でも目標はあるわけですから、その目標をより確実に、短期間で達成するためには何をすればよいか、このように考えることをお勧めする次第です。
[PR]
by atanabe-coach | 2007-06-22 23:59
f0142717_1261883.jpg

 「目標を持つということ2」で目標達成したときのイメージについて触れました。今日はこれについてもう少し書いてみます。

 まず目標達成したときのイメージの例をあげてみましょう。
開業や独立、仕事に関係した資格の場合:名刺そのもの、名刺交換、仕事の風景、仕事の成果、高い収入を手にした風景など
語学の場合:その言葉をつかってコミュニケーションしている風景、新聞を読んでいる風景など
趣味の場合:その趣味を楽しんでいる風景、仲間と楽しく過ごしている風景など
スポーツの場合:楽しんでプレーしている風景、ナイスプレーがでた風景、ゲームで勝っている風景、優勝した風景、周囲から賞賛を得ている風景など
精神修養の場合:おだやかな心でいる自分、幸せな心を得た自分など
ボランティア活動の場合:自分が社会に貢献している風景、周囲の人が賛同して活動が拡大していく風景など
実際には、個々の状況に応じてもっと具体的に思い浮かべることができるでしょう。
 
 このような達成時のイメージを描くことは大変楽しいことです。イメージを思い描くという行動により、目標達成を夢見るという状態に自分を置くことができるのです。よく言われることですが、人間の潜在能力は顕在能力に比べてずっと大きいそうです。夢見ることによって潜在能力が引き出され、通常ならできないような頑張りもできるのでしょう。楽しい思いをして、自分がパワーアップできるのなら、やらないということはありませんね。

 目標を書き出して達成したイメージをしっかり持つこと、目標をブレークダウンして実行計画を作ること、この2つが整えば目標達成つまり夢の成就は約束されるのです。
[PR]
by atanabe-coach | 2007-06-21 23:59
f0142717_22422966.jpg

 大きな目標だと、なかなか実現することはできません。目標が大きすぎると、それは単なる願望となり、思っているだけでなにもアクションがとれないという事態にもなり得ます。そんな場合はどうすればいいでしょう。
 それはまず大きな目標を小さな目標にブレークダウンすることです。小さなという意味には2つあります。1つ目は、大きな内容を小さな内容に分解すること、もう一つは時間的に小刻みに分割するということです。
具体的にいうと

①内容のブレークダウン:下記のように、大目標から目的と手段の関係で、より小さな目標に展開していく。展開の程度は自分のアクションが明確になる程度まで。下記では小目標がアクションに当たります。

  目的←→手段 目的←→手段
 大目標─┬中目標1─┬小目標1-1
       │       ├小目標1-2
       │       └小目標1-3
       ├中目標2─┬小目標2-1
       │       └小目標2-2
       └中目標3─┬小目標3-1  

②時間軸のブレークダウン:大目標のゴールに向かって近づいているか、アクションプランの効果がでているかをチェックするための途中のマイルストンを設定する。大目標だけでなく、展開した下位の目標でのマイルストンを設定してもよい。途中でのチェックによって、①のアクションが適切でないと判断できれば、その修正を行います。

簡単な例で示しますと、
大目標:6ヶ月で体重を10kgダウンする。

①内容のブレークダウン
体重を10kg減┬毎日体を動かす┬毎日30分ウォーキングを行う
         │         └休日は1km泳ぐ
         ├食事を減らす─┬ご飯は小茶碗1杯とする
         │          └夜食をしない
         └アルコールを控える─ビールは350ml1缶とする 

②時間軸のブレークダウン
体重:1ヶ月目で1kg減、2ヶ月目で3kg減、3ヶ月目で・・・
ウォーキング達成距離:1ヶ月目100km、2ヶ月目で200km・・・

となります。そしてこの2つのブレークダウンを組み合わせて、実行計画をつくるのです。

 いかがでしょうか。やるべきことがはっきりしますよね。ここまでくると目標が達成できそうな感触が得られます。
秘訣は次の通りです。
■まず目標を明確に持つ
■達成した自分を想像して、達成意欲を上げる
■①と②のブレークダウンを行う。かならずペンを持って紙に書いてみること。
■実行計画を1枚の紙にまとめる。
■実行する。・・・実行なくして実現しません。(やれたかどうかは毎日チェックする。)
■マイルストンにそってチェックしていく。必要があればアクションプランを変更する。

 皆様、よろしかったらお試しください。
[PR]
by atanabe-coach | 2007-06-20 22:28
f0142717_0174967.jpg

 目標を貼り出して、いつも見えるようにしておくことが目標達成の秘訣ですが、なぜそのようになるのでしょうか。目標を見て、それを意識することによって、脳の中で次のように考えるためだと思います。
・この目標を達成するために今やることは何だろう。そうだこれができるじゃないか。
・今週はこんな用事があったけど、これってこの目標に関係があるなあ。じゃあその機会を利用してこうしておこう。
・この新聞に載っている記事は、自分の目標に関係あるぞ、よく読んでみよう。
というように、日常で遭遇する出来事を目標に結び付けて考えたり、逆に結びつける事柄を作り出したりするのだと思われます。
 さらに目標をいつも見る事で、それが潜在意識に刻み込まれ、上に記載したようなことが無意識的に行われ、ひらめきが起こるのだと思われます。
 それにしても目標を意識することがなければ始まらないので、いつも見えるところに掲げておくことが必要なのです。
[PR]
by atanabe-coach | 2007-06-19 23:59
f0142717_2242285.jpg 目標は書き出して貼り出すことが成就の秘訣です。よく「願えば実現する」と言われます。確かにそうだと思いますが、願ったらそれを忘れないようにする必要があります。忘れてしまっては元も子もありません。
 人間は忘却する動物でもあります。私なんか、ある日思い立ったことも次の日になると忘れてしまっているのですから、我ながら情けなく思います。目標を考え付いた時、それなりのロジックで論理が組み上がっていますので、それを書き留めておかないと、時間をおいてまた同じ程度に論理を組み上げるには時間がかかるかもしれないし、前回にあったひらめきが再現するかが不確実です。その理由からも書き留めておかないともったいないと思います。一旦書いた上で、さらに考えが熟して進展があれば、またその時書き直せばいい。
 ここで一つ秘訣があります。目標を願ったら、実現した姿・状況を想像しましょう。そしてその思いを頭に描きながら目標を紙に書き出すのです。さらにそれを壁に貼ったり、手帳にはさんだり、つまりいつも自分が目にするところにおきましょう。
 こうしていつも目標を思い出し、実現した姿を思い描くことで、実現へ向けてのパワーもで出てくるし、ちょっとしたことも実現に結びつける行動に変えることができたりします。
 目標達成を期するなら、ぜひ思いをこめて目標を書き出して貼り出しましょう。達成した姿を思いながら書き留めるのはきっと楽しい時間となるはずです。
[PR]
by atanabe-coach | 2007-06-18 22:04
f0142717_22355546.jpg 目標をもつことの重要性を否定する人はいないと思います。目標を持ち、その実現に向けて進み、目標を成就することがその人の人生を豊かで満足のいくものにしてくれます。
 あるとき、目標なんていらないという人と話をする機会がありました。その人は仕事はそこそこ成果を出しています。仕事が終われば自分の時間は自由にしておきたい努力なんかしたくない、だから目標なんていらないのだ、というのです。しかし、ではあなたはやりたい事とかほしい物はありませんか、仕事で成果を出しているのであれば仕事上のゴールがあるのではないですかと聞くと、それはあるというのです。しかし気づかなければ目標とはなりません。
 目標にもいくつかの種類があります。一つは、自分の能力や成果の向上を目指して、自分がコツコツと努力するような、自己研鑽や上昇志向のもの。通常の自己啓発の本なんかに記載されている種類はこれです。
 他の一つは、今年は海外旅行に行こう、有名レストランで食事しよう、ブランドウォッチを買おう、しばらく帰っていない実家に帰省しよう、などといったやりくりの努力が必要なものです。
 さらに、今年は恋人をゲットとか結婚しようとか、あの人との関係を修復しようとか人間関係に関するものもあるでしょう。
 こう考えるとどのような人も目標をもっていると思います。いずれも目標を達成・成就することでその人が幸せになるということでは同じです。目標は考えた時から、気がついたときから目標です。そしてそれを願って生きていくことがその人のエネルギーを高めます。だから時々自分はなにをしたいのか、なにに向かっているのか、ということをあまり肩肘張らずに考えてみることが重要なのです。
[PR]
by atanabe-coach | 2007-06-17 22:39
←menu