今回は、「ヤル気のヒキダシ 」はお休みして昨日(28日)参加した、ちょっと変わった体験をさせていただいた勉強会について報告します。

      --------------------------------------------

 昨日の勉強会とは、日本コーチ協会福岡県支部主催の「仕事に活かすコーチング”プラスα”のコツ」というものですが、タイトルから想像される職場のちょっとしたコミュニケーション改善というようなものではありませんでした。

 講師は、九州でのプロコーチの大御所、西嶋恵理子先生で、日本ではまだ12人しか学んでいない「関係性コーチング」の中身にちょっと触れるという内容でした。

 関係性コーチングって何?・・・なんでも、2人の人がいたら、その間の空間を対象とするのだそうです。いわゆる空気を読むというヤツでしょうか。これは日本人は得意なはずですが、アメリカで研究が進んでいるそうです。この「間」を良くすることにより、コミュニケーションの質をグーンとアップさせることが目的のようでした。

 コミュニケーションの質が高いとは、どういうことか。それには、自分に対してはどう向き合って心の基盤をつくるのか1対1のときに相手にどう対応するのか。こんなことをじっくりと、お話とワークをやりながら解説していただきました。お話をお聞きしながら、ああ自分は自分に正直になっているのか、ほんとうに相手に向き合えているのか、など自分を反省する気づきも多くいただけました。

 さて、おどろくべきことは、最後の方にあったワークです。1対1のコミュニケーションの質を「クオリティチャート」なるシートを使って評価するものですが、その前に10分間くらい、初対面の人とあるテーマについて話すのです。

 テーマはなんと、1回目:「最近どうですか」、2回目:「今、いやなこと」と、たったのこれだけ。えー、これだけで話すの。それも始めて会った人に、と頭は少々混乱気味。

 しかし、これがすばらしい会話になりました。初対面の方なのに、自分の思いや気持ちを深く話し合うことができたのです。そして10分間の話が終わった後は、その方とは旧知の間のような感覚がもてました。お相手いただいたKさん、Tさん、ありがとうございます。

 それまで、相手との向き合い方についての話を聴き、また「この場は安全。何を話しても批判、非難されない、秘密も守られる」という約束の下で、コミュニケーションを学びたいという思いを同じくする方との会話ですので、方向はそろうにしても、これほど心の底が話せるのでしょうか。会話の前にお互いに「私の役割○○の、上着を脱ぎます」といって脱ぐ身振りをして、心の上着を脱いだことが効いたのかもしれません。
 
 それにしても大変驚く体験でした。この後、心と体がたいへん軽くなった気がしました。西嶋先生、ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。


 最近大阪で学んでいるNLPでも、自分の感情に正直になることの重要さに気づきます。私たちは、心に鎧をつけて、ビジネスの場で戦い続けるうちに、自分の本当の気持ちも分かりにくくなってはいないでしょうか。心の鎧を脱ぎ捨てて、正直な自分を探すことの大切さを感じるこのごろなのです。

      --------------------------------------------

西嶋先生:大変面白い先生で、JALのスチュワーデス(と呼んでいた時代の方)時代は、お客様をいろいろ喜ばせたとか(吉本興行から派遣されているとの説明をされていた)。帰りに博多駅までの地下鉄でご一緒させていただき、個人的にお話させていただく機会をいただき、大変参考になりました。
 講演の中で、「ミクロとマクロの見方のバランスをとる」ということを言われており、その関連で、以下のU-tubeをご紹介いただきました。
"Powers of Ten"・・・一人の人間からどんどん遠ざかり、宇宙の果てまで行き、また人間の皮膚にどんどん近づいて、陽子や中性子の世界に行く映像です。すべての世界が共通の法則性つまり、
 宇宙の三大基本原則:共生、循環、フラクタル(自己相似形)
で貫かれているということを示しています。普段私たちが意識しないスケールを思い浮かべるのもおもしろいです。

 Powers of Ten
 U-TUBE
 解説
 
 西嶋先生の元気デザイン総合研究所

 

[PR]
by atanabe-coach | 2009-03-29 23:46
f0142717_17415143.jpg

 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。本日の写真は、あるお寺の境内にある桜の木です。お彼岸でお墓参りに来た人たちを温かく迎えていました。2分咲きといったところでしょうか。これからパッと咲くのですね。
 それではヤル気のヒキダシ第7回のはじまりです。

------------------------------------------------------------
 読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------

第7回:重い課題は、とりあえずやりかけにする

 ヤル気を出す方法の2回目です。先週の「まずはフリをつけてみる」に取っ掛かりが少し似ていますが、本日は「やりかけにする」ということについてみてみましょう。

 これは、ちょっと重たい課題をやらなければならない場合に、着手するハードルを下げるのに有効な方法です。たとえば、何かの企画をつくるという課題の場合、そのアイデアが湧かないと、なかなか着手できません。そんなとき、その重たい課題の一部にだけ限定して、とりあえずそこだけを行うのです。極端な話、企画書のFormだけを作ってみるとか、日時や開催場所などあらかじめ決まっていることを記入してみるとか、章立てのみ列挙してみるとか。つまりできるところだけやっておくのです。ここまでならなんとかやれると思います。そしてあえて空欄を残して一旦中断させます。

 とりあえずは、これだけでいいのです。そうすると何が起こると思いますか。

 まず、課題が完成していないので、潜在意識には空白が残っています。すると脳の自動プログラムがそれを埋めようとして、考えがすすんだり、いわゆる「ひらめく」という状況が起こります。なぜなら、脳は空白を嫌い、潜在意識下でそれを埋めようするからです。(ちなみにNLPでは、これを「脳の3原則」の一つ「空白の原則」といいます。)つまり脳の中でアイデアが熟成されるということがおこります。

 そして、そうなるとプチ達成感が生まれて、「ヤル気の再生産」が起こり、さらに意欲が湧いてきます。すると脳はそのテーマに焦点をあて、更にアイデアが深まっていきます。(脳は焦点を当てたものはよく見えます。逆に焦点が当たっていないと見えません。これもNLPでいう「脳の3原則」の一つ「焦点化の原則」です。)

 次に、その課題は「やりかけ」にしていましたので、それを続けることに対する障壁が下がっています。よって上のようにしてアイデアなどを得た時、さっと再開させることができます。これが、最初から、たとえばFormを作ったりすることから始めると、本質でないところにエネルギーが使ってしまい、せっかく盛り上がった意識を十分にいかせなくなりますね。

 前回の「まずはフリをつける」という、勢いで解決するという方法がきかない重たい課題には、まず「やりかけ」という状況を作ってみましょう。あとは脳の自動プログラムに期待しましょう。

 重い課題は、とりあえずやりかけにしてみましょう

------------------------------------------------------------
 唐突ですが、WBC韓国戦、日本が勝ちましたね。本日は昼間用件があったのですが、途中昼食に入ったレストランでちょうど8回表、日本が3点をいれた場面をみることができました。ラッキーでした。 
[PR]
by atanabe-coach | 2009-03-20 18:07
f0142717_23355386.jpg
 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。この土日は大阪にNLPの勉強に行ってまいりました。夜には、2週間前の第1回目では味わえなかったコテコテ大阪を満喫しようと、一緒に学ぶ仲間(ほとんどが地元の方です)におねがいして、ナンバを案内してもらいました。エネルギーの塊のような賑わいでした。


 ではヤル気のヒキダシ第5回の始まりです。

---------------------------------
読んでトクする連載特集
「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
---------------------------------



第5回:闘争ホルモン・アドレナリン

 前回は、ヤル気のもとドーパミンのお話をしました。これは「快感のホルモン」とも言われるもので、快感を感じたり、快感を予感したりすると脳内で放出され、さらにそれが快感を増幅させるというものでした。

 ところで、ヤル気に関連したホルモンがまだ他にもあるのです。それは「闘争または逃走のホルモン」と呼ばれるアドレナリンノルアドレナリンです。アドレナリンは「怒りのホルモン」とも、そしてノルアドレナリンは「不安・緊張のホルモン」とも呼ばれます。

 人がストレスを感じると、これらのホルモンが放出されて交換神経を興奮させ、目の瞳孔の開き、心拍数、呼吸数、血液流の増大などをもたらします。つまりストレスを感じて、臨戦態勢に入るのです。いいかえると闘争するか、あるいは逃走する準備が完了されるというわけです。したがって、ストレスを与えることによりヤル気を出させるということも考えらます。事実、適度なストレス(オプティマム・ストレス)はむしろ望ましいものとされています。たとえば本番前に緊張感が高まって、すばらしい結果を出すこともあります。上司が厳しく部下指導すると、それなりに部下も動きます。しかしストレスが強過ぎると心身に悪影響をおよぼしてよくないと言われています。プレッシャーにつぶれたり、上司がガミガミいいすぎると、部下が体調を壊したり、心がつぶれてしまうこともあります。
 
 このように、人にヤル気を出させるには、外から快感を与えてそれを自己増幅させていく方法と、外から適度なストレスを与えて闘争態勢に追い込む方法があるのです。
 
 さて、筆者が学んでいるNLP(神経言語プログラミング)では、「脳は快を求め、痛みを避ける」という原則を謳っています。(脳の3原則の一つです。) そして、人に行動を起こさせるには、「快感のマネジメント」か「痛みのマネジメント」があり、前者のほうが好ましく、後者は長く続けていると体調悪化などの弊害が出ると説明します。これはまさしく上に述べたことを言っているのでしょう。

 次回からは、世の中にいろいろいわれている、ヤル気を出す具体的方法を個別に取り上げていきます。そのときに、上に述べたようなホルモンの作用や脳の原則からの考察も入れてみたいと思っています。

----------------------------------------------------------
冒頭の写真:道頓堀のグリコのネオンサイン。このネオンサインの前で記念写真を撮る人がたくさんいるのですね。  ところで大阪の人たちと話していると話に変化があって実におもしろいです。それはなぜか。それはこちらが言ったことに彼らが必ず突っ込んでくれるからです。突っ込み愛は大阪人の特長ですね。おかげで、お好み焼きが美味しくいただけました。

[PR]
by atanabe-coach | 2009-03-08 23:50
 こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。温かくなったり、寒くなったりのこの頃ですが、春は着実に近づいています。ところで本日春物のブルゾンを買いました。春物や夏物の服を買うと、気分が軽くウキウキとなるのは筆者だけでしょうか。ではヤル気のヒキダシ第4回の始まりです。
------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第4回:ヤル気の基(もと)ドーパミン

 今回は、人間の脳の中でヤル気を作り出しているホルモン、ドーパミンについてのお話です。生きる意欲を作るホルモンとか快感のホルモンとも呼ばれます。

 人間の性格や気分は脳の作用によるとはいうものの、そこには精神とか霊魂とかに関係する、とても神秘的なイメージがあります。ところが、人間の性格や気分も、脳内神経細胞のニューロン間の信号伝達に関わる神経伝達物質の働きの状態によるものだというが分かってきました。そして人間のヤル気つまり意欲を作り出すのが、ドーパミンという物質なのです。最近は遺伝子操作やES細胞など、生命科学に関する記事を新聞などで見ますので、考えてみれば同じようなことかもしれませんが不思議な感じがします。

 ドーパミンは大脳にある黒質と線条体という部分に多く存在し、人の運動や意欲に関係した働きをします。したがって何らかの原因でドーパミンが少なくなるとパーキンソン病(歩行障害、手の振るえ、表情がなくなるなどの運動に関する障害や、自発的な行動をとらなくなる症状の病気)になります。適度に多く出ると意欲が高まり、行動的になります。しかし過剰になりすぎると、幻覚とか被害妄想が出てくるという怖い面もあります。ちなみに覚醒剤とは、ドーパミンに構造が近い化学物質であり、脳内でドーパミン神経間の信号伝達を活発にさせるものですが、結局脳内での状態がアンバランスになり幻覚や被害妄想の症状が出るようになるということです。

 さて、ドーパミンは、喜びや快感を感じると多量に放出され、脳内でニューロンのつなぎ替えがおこり、学習強化が起こります。そしてさらに快感・快楽を感じることが起こります。つまりこれはヤル気が再生産されるということですね。であれば、最初になんらかの取っかかりがあり、ドーパミンが放出されるきっかけを作ることができれば、あとは勢いづいてノッていけるということなのでしょう。ということは自分なりのヤル気のきっかけをいくつか持っておくと自分のヤル気をある程度コントロールできるのではないでしょうか。

 このあたりを次回以降考えていきたいと思います。

------------------------------------------------------------
先週から本格的に学びだしたNLPでは、「脳は快を求め、痛み」を避けるといいます。これもドーパミンに関係ありそうです。なお、本日は妻と娘と一緒にミュージカル映画の「マンマミーア」を見ました。明るい風景とエネルギッシュでノリノリな歌、母娘の愛情など、笑いと涙の映画でした。このときはドーパミンがジャブジャブだったのでしょうね。家族とよい関係を作る意欲が十分出ました。
[PR]
by atanabe-coach | 2009-03-01 23:29
こんにちは、”やる気引出しプロデューサー”の田辺 晃です。先週は車の中で冷房をいれるくらいだったのにまた寒くなりました。体調管理もビジネスパーソンのコンピテンシーとしてもいいかもしれません。ではヤル気のヒキダシ第3回の始まりです。
------------------------------------------------------------
読んでトクする連載特集
          「ヤル気のヒキダシ」

やる気引出しプロデューサー・田辺 晃がお送りする、読んでトクするブログです。あなたのココロにヤル気のヒキダシをつくりましょう。
------------------------------------------------------------
第3回:成果の方程式とは
 成果の方程式って聞かれたことはありますか? 仕事の成果は何で決まるのかということを数式風に記述したもの、つまり成果は、どのような変数を持つ関数なのかを表現したものです。

 まず成果を評価する面からは

    成果=f(量、質、時間)
 
 <fというのは、それに続くカッコ内の変数による関数であることを示します。下にでてくるgも同様の意味です。>

と考えられます。つまり成果は、量だけから評価されるのではなく、その質からも評価される。また納期に間に合ったかという時間からも評価されるということです。いくら良い仕事をしても、納期に間に合わなければ意味がありませんからね。

 次に良い成果を実現する要素の面からは

    成果=g(能力、ヤル気、価値観)

と表記できます。成果を出すためには、当然その人に必要な能力が備わっていなければなりませんが、それだけではダメなのです。能力があってもそれが実際に発揮されることが必要です。それを決めるのがヤル気です。能力があってもヤル気のない人に良い成果は期待できません。その場合は高い能力は、宝の持ち腐れになってしまいます。逆にヤル気があれば、知恵や工夫が働き、他の協力者の力を借りるなどして自分の能力以上のリソースをつぎ込むことも可能です。

 ここまでの能力とヤル気が成果を決める要素であるとする説は、見かけることもあるのですが、筆者は最後に価値観という要素を入れました。その人がどのようなものに価値を見出すか、どのようなことがやりたいか・・・この思いが、仕事を楽しくさせると考えられるからです。また倫理に反する仕事も価値観に合わなければ気が進まなかったり、拒否したりして成果は出ない(というより出さない)でしょう。

 
 さて、価値観は日頃の自分の考え方により確立され、能力は日頃の努力によって培われますが、ヤル気はとてもムラっ気があります。反面、高める方法もあるでしょう。仕事の成果からはヤル気の醸成ということも重視すべきことだと考えます。この連載ではヤル気を意図的に高めていく方法を考えていきたいと思っています。

------------------------------------------------------------
以前からNLP(神経言語プログラミングという心理学の一分野)を学ぼうと考え、隔週で5回の土日を使う大阪開催のコースに応募していましたが、いよいよ明日から始まります。NLP自体だけでなく、一緒に学ぶ人たちとの出会いが楽しみです。
[PR]
by atanabe-coach | 2009-02-20 23:50
f0142717_22561278.jpg

----------------------------------------------------------------------
 本日は、ある企業さんで開催された、30代社員向けのキャリア研修をオブザーバとして参加させていただいてきました。

 講師は、ヴァリュー・クリエーション社長の小寺博仁氏。NLPを使ったモチベーションアップとか目標達成などに関するセミナーでは、口コミで大手企業さんに支持がひろがっている先生です。(NLPは神経言語プログラミングと訳される心理学の分野の名称です。詳しくは同社のホームページを参照ください。)

 この研修、実は本日と明日の2日間で行うものですが、今日は第1日目で、人の脳の特徴をはじめとするNLPの理論の紹介のあと、キャリアビジョンの必要性や自分がやりたい"WANT"に気づくなどの話があり、その中で、自分が大切にしたい価値(VAUE)の追求などの演習もありました。

 このあたりの話は、筆者もコーチングの方から一応は学習済みの分野ではありますが、先生のじっくりと噛んで含めるような語り口、いろんな事例を交えての補足説明で、あらためて勉強になりました。おそらく初めてこのような話を聞く一般の参加者たちは、食い入るように聞き入っておりました。

 また特に、多くの価値(単語)のリストから自分が大切にしたいものを選択し、それをグルーピングして、自分の仕事観や人生観を作るワークは筆者も始めて体験するものでした。自分の価値はコーチングの学習の時に何回か抽出した経験があり、それと同じようなものと思っておりましたが、抽出した価値(単語)を集めて意味づけをしていく作業はとても新鮮で、あらたな気づきを得ることができました。
 
 ここ10年~15年程度の間に、人の心に関するコーチングやNLPなどのプログラムが日本に紹介され、それをもとにして研修やコンサル関係のビジネスが誕生し、一般の人たちがその恩恵を受ける機会が増えてきました。キャリアビジョンなどという考え方が紹介されたのもの古いことではありません。その以前にも自己啓発系のプログラムはいくつかあったようですが、敷居がたかかったり、ちょっと宗教かかったりしてたようです。

 現在、自分の生き方について考えるための機会や手段は昔よりもずっと効果的で、親しみやすいものがあふれているように思えます。ただそれでも、人間は自分が意識して焦点を当てないものは見えません。若いうちから、努めて自分を磨くという意識の持ちようが、得られる情報の格差を産み、機会を見過ごすか活かすかを決めていく。そしてそれがその人の発展や向上の差となって現れて、自己実現の可能性の差となってくる。またこのようにして得られる自己実現は、おそらく自分本位なものではなく、周囲や社会にも好影響を与えるものとなる。
・・・そのような思いを強くもったセミナーでした。

 最後に先生と夕食をご一緒でき、さらに貴重なお話も聞くことができました。筆者自身の今後に関するヒントもいただきました。大変ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

----------------------------------------------------------------------

写真:オオカズナギのバトル
先日(7/20)、九州に戻って初めてのダイビングに行きました。北九州市の「かりゆし」さんというダイビングショップにつれていってもらったのです。山口県の青海島という島のビーチからエントリーして2本潜ってまいりました。水中ではお魚さんたちが産卵や求愛のシーズンらしく、あちこちで珍しいシーンを見ることができました。写真は、オオカズナギという体長15cm程度の魚が2匹、口を180°近くあけてバトルをしているところです。この地域ではよくみられる光景らしいですが、初めてなので飽きずに見ておりました。

[PR]
by atanabe-coach | 2008-07-28 00:07
←menu